リピート系FX入門

リピート系FX いくらから

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

リピート系FXの初心者さん向けブログ記事シリーズです。

ループイフダンの初心者さんに特化した記事は同じカテゴリの子カテゴリに分けています。以下の青色のボタンから飛べます。

ループイフダン入門記事一覧はこちら

現時点のループイフダンの設定公開記事はこちら。

ループイフダン 豪ドルNZドル ユーロ英ポンド ドルスイスなど4通貨ペアで再開 設定公開 2020年

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 株式投資を再開し、現物株をたくさん買ったため、一時的にFXの中長期ポジションを閉じていました ...

記事のタイトルのリピート系FXを始める際のスタート資金・証拠金の目安について。

これはあくまでも私の意見です。

リピート系FXとは?

 

リピート系FX」とは何か?私が定義したものについては以下で書きました。

リピート系FXとは?魅力とコツ

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 私が2017年より、本格的に取り組んできたのが「リピート系FX」と呼ばれるジャンルのFXです ...

最大1000万円以上の資金で運用していた私がリピート系FXを徹底比較した記事はこちら。

リピート系FX(注文&自動売買) 比較

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 私が2014年に運用をスタートし、2017年より約600万円の資金で運用してきたのが「リピー ...

私が運用しているループイフダンとは?の解説記事。

ループイフダンとは?簡単選択型FX自動売買

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 私が保有しているサイトで最も新規口座開設数が多いのがアイネット証券の提供する「ループイフダン ...

 

裁量取引の必要資金はいくらから?の目安

 

リピート系FX」はFXの自動売買の一種ですが、その前に裁量取引」の必要資金の目安を知っていただきましょう。

裁量取引(さいりょうとりひき)とは?メリット・デメリット

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 当サイトで何度も出てくるであろう投資用語集。 今回は「裁量取引(さいりょうとりひき)」とは? ...

米ドル円なのか、豪ドル円なのか、それとも英ポンド円なのか?で大きく変わりますが、1,000通貨取引の場合の必要証拠金は以下のようになっています。

ただ、上の金額は1000通貨なので、一般的な裁量取引の単位の1万通貨なら、その10倍なので3万円~5万円です。

FX 1,000通貨取引 手数料無料

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 FX会社比較記事シリーズ。 今回は、1,000通貨取引が可能で、なおかつ手数料が無料のFX会 ...

必要証拠金は「最低限必要な資金」なので、そこに余裕を持ったお金を入れておく必要があります。

1万通貨分の買いや売りのポジションを持った時に、1円為替が動いた時の損益は1万円

なので、私は裁量取引では「10万円ぐらいが必要資金の目安」としてお伝えすることが多いです。

以下の記事の際でも、私は10万円を入金して取引をしました。

LINE FX 操作方法・使い方 クイック入金から新規注文 OCO注文で決済まで

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 上場企業のグループ企業の「LINE FX(ラインエフエックス)」。 先日のこちらの記事では、 ...

スポンサーリンク

リピート系FXの必要資金は裁量取引よりも多い

 

では、本題のループイフダンやトラリピなどの「リピート系FX」の必要資金はいくらから?について。

リピート系FX」では、想定変動幅・想定レンジ」という、「」を予測して、設定を考えます。

裁量取引のように「1円」とか「50銭」のような値幅の為替差益を1回で取りに行くのではなく、リピート系FXでは10円~数十円といった「」に網を張るように注文を出します。

その面の中で「20銭」「40銭」などの値幅を何度も狙いに行きます。

そして、リピート系FXは最少取引単位は1000通貨の会社ばかりで、1回で1000通貨の注文を出す方が圧倒的に多いです。

広い面(レンジ帯)を(多くの方は)1000通貨単位の注文を発注するということ。

必要資金は、面(レンジ帯)を予想するので裁量取引よりも大きくなります。が、一般的には1000通貨単位で始める方が多いというのがこの項までで知っていただきたいこと。

 

リピート系FXの必要資金はいくらぐらいから現実的?

 

では「リピート系FX」では、いくらぐらいの資金で始めるのが現実的なのか。

やろうと思えば10万円の資金でも始められます。

ただ、資金が小さいと、先ほどの「想定変動幅・想定レンジ」という面が狭くなりますし、ループ幅・1回で狙える値幅は大きいものを選ばざるを得ません

ループ幅に関しては昨日こちらの記事で書きました。

ループイフダン ループ幅 値幅

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 ループイフダン入門ブログ記事シリーズ。 今回は初心者さん向けに「ループ幅・値幅」について。 ...

ずばり、リピート系FXを始める場合の資金として現実的な数字としては30万円ぐらいから、ですね。

以下のループイフダン設定例まとめ記事でも、30万円ぐらいの資金での例を多く公開しています。

スノーキー ループイフダン 設定例 まとめ

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 当公式ブログでは私の保有サイト、リピート系FX人気NO.1のアイネット証券の「ループイフダン ...

ただ、30万円で出来る設定であっても、口座に50万円が入っていた方が強制ロスカットからは遠くなります。

また、100万円の資金があると、30万円×3通貨ペア、などと通貨ペア分散をすることもできます。

ループイフダン 分散

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 ループイフダン入門ブログ記事シリーズ。 今回は初心者さん向けに「ループイフダンの通貨ペア分散 ...

なので、資金は大きければ大きいほど選択肢は広がります

これは株式投資でも、どんな投資でも資金が大きい方が有利・選択肢が広がるので、リピート系FXでも同じということですね。

まとめますと、30万円ぐらいが現実的で、50万円ぐらいあるとさらに余裕を出せる、ということです。

次の項で限定特典のお知らせがあります。

 

アイネット証券ループイフダンタイアップキャンペーン

 

リピート系FX」の必要資金がいくらから?については以上です。

私も実際に運用している「ループイフダン」が利用できるアイネット証券と当サイト限定タイアップキャンペーン中!

こちらのタイアップバナーからの新規口座開設で、当サイト限定特典付きです。

アイネット証券バナー

上のバナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

アイネット証券(ループイフダン) タイアップキャンペーン

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 私の保有サイトでは、多数の大手FX会社さんと限定タイアップキャンペーンを開催中です。 タイア ...

トラリピ」とのタイアップキャンペーンは以下の記事をご覧ください。

マネースクエア(トラリピ) タイアップキャンペーン

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 スノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンの紹介記事です。 タイアップキャンペーンを開催中 ...

その他の当サイト限定タイアップ一覧。

FX 限定タイアップキャンペーン一覧

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 当サイトでは、主にFX会社さんを中心に「限定タイアップキャンペーン」を開催中です。 その比較 ...

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-リピート系FX入門

© 2020 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ