暗号資産(仮想通貨)ニュースと材料

NFTを活用したJリーグオフィシャルライセンスゲームで仮想通貨(暗号資産) LINK(LN)採用か

2021年8月13日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

私のガチホ仮想通貨(暗号資産)銘柄の一つの「LINK(LN)」。

この仮想通貨(暗号資産)に目をつけた・購入した理由は以下の過去記事でお伝えしました。

LINEの仮想通貨(暗号資産) LINK(リンク)(LN)を私が購入した理由

2021年7月6日に公開した以下の記事では「LINK(LN)」が実際に利用されるサービスについてお伝えしましたが、昨日に気になるプレスリリース(違う材料)が出ていました。

LINE発行の仮想通貨(暗号資産) LINK(LN)がNFTマーケットβで採用

OneSports社とアクセルマーク社のプレスリリース内容

 

昨日に私が見つけたのは株式会社OneSports」社と、「アクセルマーク」社のプレスリリースです。

ちなみに、「アクセルマーク」社は東証マザーズに上場している上場企業です。コードは「3624」です。

今日、ストップ高をつけていますが、この記事の内容が材料視されたわけでは無いようです。

さて、本題のプレスリリースの内容は、「OneSports」社と、「アクセルマーク」社が共同開発中の新作スポーツブロックチェーンゲームにおいて、株式会社Jリーグとライセンス契約を締結したというものです。

J1リーグとJ2リーグの800名以上の選手が実名実写で登場するサッカークラブシミュレーションゲームで、ゲーム内で育成した選手カードをNFT化することでユーザー間での売買が可能とのこと。

その際に利用されるプラットフォームがLINE Blockchain」を予定されているとのことです。

これはつまり、LINK(LN)」が決済手段の暗号資産として利用される可能性が高いのでは?

*ただし、プレスリリース内では「LINK(LN)」についての言及はありませんでしたので、その旨は念のために記載しておきます

スポンサーリンク

OneSports社は「モバプロ」「モバサカ」で実績あり

 

OneSports」社は「モバプロ」「モバサカ」シリーズなどのすぽーずゲームの企画開発などで実績のある企業で、「アクセルマーク」社は「コントラクトサーヴァント」というカードゲームで実績がある企業のようです。

すみません。

私は最近のゲームに疎いので、このあたりは詳しくないです。

 

LINE BITMAXでは「お盆玉キャンペーン」開催中

 

さて、そのLINK(LN)」が購入できる国内唯一の国内暗号資産交換業者のLINE BITMAX」では「お盆玉キャンペーンが開催されており、期間中の合計購入金額に応じて現金プレゼント!

その内容はこちら(*詳細は公式ホームページでご確認ください)。

◆キャンペーン概要
キャンペーン期間中、毎日以下の条件を達成した場合、購入時のスプレッドの25%に相当する金額を現金でプレゼント。
◆条件 暗号資産の購入
LINE BITMAXが取り扱っている暗号資産について、設定された購入金額を達成すると、購入時のスプレッドの25%に相当する金額を現金でプレゼント。
◆キャンペーン期間
2021/8/11(水) 12:00:00 ~ 2021/8/24(火) 11:59:59

ということで、スプレッドの一部が返ってくるイメージでしょうか。

25%は購入金額次第では大きな金額になりますね。

口座開設にかかった日数などはこちらの記事を参考にしてみてください。

BITMAX(ビットマックス) 口座開設日数

スポンサーリンク

仮想通貨(暗号資産)記事リンク集

 

ということで、「NFTを活用したJリーグオフィシャルライセンスゲームで仮想通貨(暗号資産) LINK(LN)採用の可能性が高いのでは?」というニュースに関しては以上です。

*追記 2021年8月27日に公開しました「LINK(LN)」の材料二つはこちら

電通がNFT参入&LINEで応募 LINEブロックチェーン採用 LINK(LN)

*追記 2021年9月に出たLINK(LN)関連の材料はこちら


LINK(LN)」関連の直近の人気記事。

仮想通貨(暗号資産) LINK(LN) 新規上場先はコインチェック?バイナンス?

過去に最大年利12%で私が「LINK(LN)」をレンディングサービスに申し込みをしていた理由・様子はこちら。

年利12% 仮想通貨(暗号資産) LINKをレンディング(貸出)申請をしました

1000万円以上の資金を預けている私のメイン口座はこちら→コインチェック

コインチェック

私のもう一つのガチホ銘柄の「IOST」を購入した8つの理由他はこちら。

仮想通貨(暗号資産) IOST(アイオーエスティー)を私が購入した8つの理由
IOST(アイオーエスティー) 朝倉未来(あさくらみくる)氏の利確ラインは60円か
コインベース上場期待?IOSTがTwitterトレンド入り 朝倉未来氏は億り人に

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-暗号資産(仮想通貨)ニュースと材料

© 2021 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ