暗号資産(仮想通貨)ニュースと材料

LINE系の仮想通貨(暗号資産) LINK(LN) 韓国のBithumb(ビットサム)に上場

2021年8月15日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

私が保有している仮想通貨(暗号資産)の中でも、今は「IOST」よりも期待を寄せているのが「LINK(LN)」。

LINK(LN)」に目をつけた・購入した理由は以下の過去記事でお伝えしました。

LINEの仮想通貨(暗号資産) LINK(リンク)(LN)を私が購入した理由

2021年7月6日、2021年8月13日に当サイトでは以下の好材料を伝える記事を公開しました。

LINE発行の仮想通貨(暗号資産) LINK(LN)がNFTマーケットβで採用
NFTを活用したJリーグオフィシャルライセンスゲームで仮想通貨(暗号資産) LINK(LN)採用か

さらにLINK(LN)」の価格押上げにもプラス材料として働きそうなニュースを見つけました。

韓国の大手仮想通貨(暗号資産)取引所「ビットサム」に上場

 

今回お伝えするニュースは、LINK(LN)」の取り扱いを大手仮想通貨(暗号資産)取引所が始めたことです。

以下の記事中の「LINE Blockchain2021」の一つ目にLINKの新規取引所追加上場」というのがありましたが、それが実現しました。

仮想通貨(暗号資産) LINK(LN) 新規上場先はコインチェック?バイナンス?

新規上場先は、韓国の4大仮想通貨取引所の一つ、「Bithumb(ビットサム)」です。

だたし、この取引所は日本人は利用することはできません。

が、サイトにアクセスすることは可能だったので、チャートを見てみました。対ビットコイン(BTC)で「LINK(LN)」を取引できるようです。

私は韓国語が読めないので、何を書いているかわかりませんが。

スポンサーリンク

Bithumb(ビットサム)上場はプラス材料?

 

Bithumb(ビットサム)」への「LINK(LN)」の上場はプラス材料なのかどうか?

今までは日本の「LINEBITMAX」と韓国を拠点とする「BITFRONT」でしか取引できなかったので、3つ目の取り扱い取引所が追加された、ということになります。

当然ながら、取り扱い(上場)先の取引所が増えた方が、流動性は高くなりますし、多くの人の目につくこととなるので、プラス材料です。

韓国の仮想通貨取引所について詳しくなかったのですが、調べてみたら「Bithumb(ビットサム)」は韓国の4大取引所の一つとのことです。

少し古い2017年ごろのニュースだと「Bithumb(ビットサム)」のことを「世界最大の仮想通貨取引所」と書いているロイター通信の記事も見つけました。

当時は「バイナンス」を上回る規模だったのでしょうか。

仮想通貨 IOST コインチェック バイナンス どっちがいい?

さて、一時期の日本のように、韓国でも仮想通貨(暗号資産)通貨取引所・交換業者に対する規制が進んでいるようで、中小規模の取引所に対して、韓国の当局が対応を強めているようです。

韓国の中小11の取引所が閉鎖に追い込まれる可能性も、というニュースも目にしました。

Bithumb(ビットサム)」は4大取引所の一つなので、そういった可能性(*事業をやめさせられる可能性)はかなり低いようです。

嬉しいニュースではあるのですが、日本国内大手のコインチェックや「GMOコイン」なら、もっと嬉しかったんですけどね。

現在、日本人が「LINK(LN)」を購入する場合、「LINEBITMAX」一択です。

LINEBITMAX」口座開設にかかった日数などはこちらの記事を参考にしてみてください。

BITMAX(ビットマックス) 口座開設日数

スポンサーリンク

仮想通貨(暗号資産)記事リンク集

 

ということで、「LINE系の仮想通貨(暗号資産) LINK(LN) 韓国のBithumb(ビットサム)に上場」というニュースに関しては以上です。

*追記 2021年8月27日に公開しました「LINK(LN)」の材料二つはこちら

電通がNFT参入&LINEで応募 LINEブロックチェーン採用 LINK(LN)

*追記 2021年9月に出たLINK(LN)関連の材料はこちら

香取慎吾 NFTアート LINEブロックチェーン活用 初日に完売

過去に最大年利12%で私が「LINK(LN)」をレンディングサービスに申し込みをしていた理由・様子はこちら。

年利12% 仮想通貨(暗号資産) LINKをレンディング(貸出)申請をしました

1000万円以上の資金を預けている私のメイン口座はこちら→コインチェック

コインチェック

私のもう一つのガチホ銘柄の「IOST」を購入した8つの理由・その他はこちら。

仮想通貨(暗号資産) IOST(アイオーエスティー)を私が購入した8つの理由
IOST(アイオーエスティー) 朝倉未来(あさくらみくる)氏の利確ラインは60円か
コインベース上場期待?IOSTがTwitterトレンド入り 朝倉未来氏は億り人に

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-暗号資産(仮想通貨)ニュースと材料

© 2021 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ