ぱっと見テクニカル検証

ぱっと見テクニカル検証 豪ドル円は近いうちにフラッシュクラッシュの水準到達か

投稿日:

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

旧公式ブログより移転してきました「ぱっと見テクニカル」検証シリーズ。

ぱっと見テクニカルとは?

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 FX投資家なら知っておきたい、為替の分析ツールの「ぱっと見テクニカル」とは? このブログ記事 ...

今回は、来週の戦略シリーズと統合してお送りします。

スノーキーの来週の戦略動画

 

本日、YouTubeで配信しました来週の戦略シリーズ動画です。

*動画内・そしてこの後に記述します私の戦略は個人的な見解です。

また、ぱっと見テクニカル上に表示されているものも参考程度にご利用ください。

投資に関する最終決定はご自身の判断でお願いいたします

ぱっと見テクニカル」はFXプライムbyGMOの口座があれば無料で利用できます。

FXプライムbyGMO

当サイト限定特典を見る

※FXプライムbyGMOの公式ホームページへ飛びます

 

ぱっと見テクニカル検証米ドル円

 

今週末に「ぱっと見テクニカル」に表示されたチャートです。

まずは米ドル円から。

一致率は98%と高めです。

先週の米ドル円は、いい感じで反転上昇を始めていたのですが、トランプ大統領のTwitterでのメキシコへの追加関税に関するツイートと、中国のレアアースに関するニュースなどで、リスクオフの展開となり、値を下げました。

金曜日に大陰線が出ているので、来週以降も下げそうな気がします。

私の来週の戦略は弱気です。

スポンサーリンク

ぱっと見テクニカル検証ユーロ円

 

続きまして、ユーロ円です。

こちらも、一致率は97%と高めです。

こちらはユーロドルも弱く、円高進行もあったため、週を通して弱い値動きでした。

私の来週の戦略はやや弱気です。

 

ぱっと見テクニカル検証英ポンド円

 

続きまして、英ポンド円です。

英ポンド円も98%と高めの一致率です。

先週は英ポンドが軟調、そして円高進行したこともあり、大きく値を下げた週でした。

私の来週の戦略はやや弱気です。

スポンサーリンク

ぱっと見テクニカル検証豪ドル円

 

続きまして、豪ドル円です。

豪ドル円の一致率も98%と高めです。

4月中旬から、もう一カ月半ほどダラダラと下げ続けています。

年始のフラッシュクラッシュ」時につけた71円台も視野に入ってきています。

ぱっと見テクニカル上は、一段安を示唆するような形状が出ています。

ループイフダン豪ドル円ロングの売買システムを稼働している身としては辛いです。

【リアル口座】ループイフダン 設定例 資金300万円 豪ドル円 2019年5月

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 アイネット証券・ループイフダンのリアル口座での検証ブログシリーズです。 ループイフダン検証は ...

私の豪ドル円の来週の戦略は弱気です。

スポンサーリンク

ぱっと見テクニカル検証NZドル円

 

最後はNZドル円です。

NZドル円の一致率も、他の通貨ペアと同様に98%と高いです。

豪ドル円と同じく、2カ月ほど下げ続けています。

ぱっと見テクニカル上では、穏やかに反転上昇しそうな形状が出ています。

私の来週の戦略は弱気です。

スポンサーリンク

来週の重要指標

 

来週の重要指標はこちらです。

6月4日(火) 13:30 豪準備銀行政策金利発表
(利下げ予想 ただし、前回も利下げ予想だったが利下げせず)
6月5日(水) 10:30 豪GDP速報
6月6日(木) 20:45 欧中銀政策金利発表
6月7日(金) 21:30 米雇用統計
トルコ市場3連休

特に米雇用統計が重要ですね。

豪ドル円ロングのポジションを持っている身としては、オーストラリアの政策金利発表とGDP速報も重要ですが。

 

スノーキーの来週の戦略

 

スノーキーの来週の戦略はこちらです。

米ドル円は弱気、
ユーロ円はやや弱気、
英ポンド円はやや弱気、
豪ドル円は弱気、
NZドル円は弱気、
ユーロドルはやや強気、
英ポンドドルはやや強気

来週の私の予想は、リスクオフ継続で株安・原油安・円高・米ドル売りです。

さて、どうなるのでしょうか。

 

FXプライムbyGMOタイアップ

 

ぱっと見テクニカル」(来週に向けての)検証と「スノーキーの戦略」と重要指標は以上です。

FXプライムbyGMOは、高金利通貨ペアのスワップポイントが高水準です。

先週の調査では南アフリカランド円買いスワップが10万通貨あたり連日150円メキシコペソ円買いスワップは10万通貨あたり連日120円という高水準でした。

トルコリラ円&メキシコペソ円スワップ比較

ぱっと見テクニカル」が利用できるFXプライムbyGMOと当サイト限定タイアップキャンペーン中!

以下のバナーからの新規口座開設で、当サイト限定特典付きです。

FXプライム

上のバナーが表示されていない場合はこちら→FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO口座を利用したポーランドズロチ円の両建て戦略も人気です。

人気のFX自動売買&リピート系FX

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人も300万円で運用中

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

◆デモ口座がある

◆専門書がある

トラリピ(マネースクエア)

◆管理人も100万円で運用中

◆元祖「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

◆レンジ指定可能

◆専門書がある

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆24通貨ペアで「リピート系FX」

◆豪ドル円の取引コスト最安水準

◆取引手数料無料キャンペーン中

◆最少取引単位1,000通貨

◆値幅の設定が可能

◆デモ口座がある

-ぱっと見テクニカル検証

Copyright© スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ , 2019 All Rights Reserved.