暗号資産(仮想通貨)取引

米国 暗号資産 80%に増税の噂で急落したビットコインを購入・利益確定 2021年4月27日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

仮想通貨(暗号資産)のトレード記事。

前回の記事はこちら。

200万円分のBAT 9日間で85万円利益確定しました 仮想通貨(暗号資産)

あれから1か月以上が経過しました。

今月は利益確定報告することがないまま、5月(来月)になってしまうかと思ってもいましたが、本日ビットコインを利益確定しました。

2021年4月23日購入。ビットコインのエントリーポイント

 

購入したのは2021年4月23日、先週の金曜日の急落の場面です。

一時は対円で700万円をつけたビットコイン。

それが550万円まで落ちてきたらラッキーだなと思って買い指値注文を出していました。

Twitterでも先出しツイートしました。

買い注文が刺さって喜んでいたのですが、まさかそのあと520万円まで落ちるとは思いもしませんでした

スポンサーリンク

ビットコイン急落は米国のキャピタルゲイン税・増税の噂

 

ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨(暗号資産)が先週末に下落した理由は米バイデン大統領による米国での富裕層に対するキャピタルゲイン税・増税に関するニュースです。

現状の20%程度から、40%程度に引き上げられるのではないか?というのは伝えられていました。

が、そこにプラスアルファの悪材料として、暗号資産に80%の税金がかけられるのではないか?という噂が一部で出ていたようです。

その噂を見た時は「あり得ないだろう・・・」とは思ってはいましたが。

結局、その噂についての詳細はわからないままでしたが、「まあ反転するだろう」「後で見れば絶好の買い場になるのでは?」と思っていた私はビットコインの一段安にも動じませんでした。

本日先ほど、ビットコイン価格が対円で590万円台まで上昇していたので、利益確定しました。

+18万657円の利益でした。

2021年4月は仮想通貨(暗号資産)による利益はないままで終わりそうだなと思っていたので、嬉しかったです。

今回のトレードで利用したのはビットフライヤーの「取引所でした。

bitFlyer

仮想通貨(暗号資産)の「取引所」と「販売所」の違いはこちら。

仮想通貨(暗号資産) 販売所 取引所 違い

2021年2月の利益確定の様子はこちら。

ライトコインとビットコインキャッシュ 1000万円分利確しました

2021年1月の利益確定の様子はこちら。

一撃500万円の利益!1000万円分のリップル(XRP)を利益確定しました

スポンサーリンク

IOST・LINKはガチホなのでホールドしたまま

 

最後に。

先週の仮想通貨(暗号資産)の急落の場面ではIOSTなども暴落しましたが、買い増しも狼狽売りもせず、ホールドのままです。

IOSTも回転売買させれば・・・というタラレバもありますが、少し上がったところで売ってしまって、その後急騰した方が後悔するので、なかなか難しいです。

IOST・LINKを購入した理由はこちらの過去記事で公開済みです。

仮想通貨(暗号資産) IOST(アイオーエスティー)を私が購入した8つの理由
LINEの仮想通貨(暗号資産) LINK(リンク)を私が購入した理由

ということで、ビットコインのスイングトレードの結果報告は以上です。

私の法人用メイン口座のコインチェックの新規口座開設はこちらのバナーからどうぞ。

コインチェック

上のバナーが表示されていない場合はこちら→コインチェック

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-暗号資産(仮想通貨)取引

© 2021 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ