ループイフダン設定

ループイフダン 英ポンドドル B(買い)100 45万円 30万円 設定例 2022年版

2022年9月8日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

ループイフダンの初心者さん向け、設定例公開ブログ記事シリーズです。

当サイト限定特典付きのFX会社の中でも新規口座開設申し込み人気のアイネット証券の「ループイフダン」。

ループイフダンとは?簡単選択型FX自動売買
アイネット証券(ループイフダン) 評判

このシリーズの前回の記事、ループイフダンのユーロ英ポンドのB(買い)の売買システム・資金約40万円での元手資金の設定例記事はこちら。

ループイフダン ユーロ英ポンド B(買い)40 資金約40万円設定例 2022年版

今回は2022年9月8日時点の為替レートをもとに、約44万円弱と27万円強の資金での英ポンドドルのB(買い)の設定値幅「100」の設定例を二つを考えて、公開します。

記事の最後にはタイアップキャンペーンのお知らせがあります。

タイアップ特典のレポートを読んでいただいた方が私のループイフダンの設定の考え方がよりご理解いただけるかと思います。

ループイフダン設定例をご覧いただく前の注意点

 

今回の設定例をご覧いただく前に、以下の注意点をご確認ください。

注意

  • 私が今ループイフダンを英ポンドドルのB(買い)で始めるならという「例」を公開します。
  • 公開した設定を推奨しているわけではありません。
  • 「決済損益の目安」は目安であり、確定しているものではありません。
  • 想定変動幅より外れた場合は損失が出る場合があります。
  • 記事は定期的に見直しておりますが、為替レートやスワップポイント、必要証拠金が公開時と大きく異なる場合があります。
    その際は、ご自身で停止する為替レートなどをご判断ください。
  • 決済損益の目安はループイフダンランキングより引用しました。
  • 2022年9月8日のデータ・為替レートをもとに算出しています。

英ポンドドルは日本円がからんでいない通貨ペアなので、急激な円高・フラッシュクラッシュが発生しても影響を受けにくい点は魅力ですね。

フラッシュクラッシュで大損を食らった私が書いた以下のレポートは当サイト限定特典です。

ただ、英ポンドドルは値動きが大きいので、個人的にはおすすめしない通貨ペアではあります。

リピート系FX(ループイフダンやトラリピなど)でおすすめしない通貨ペア

が、20年間割れていないサポートライン付近まで下落しているので、今最もB(買い)の売買システムを稼働したい通貨ペアです。

スポンサーリンク

英ポンドドルの必要証拠金とスワップポイント

 

英ポンドドルを他の通貨ペアと比較した時の必要証拠金をご覧いただきます。記事執筆日の調査結果です。

英ポンドドルの必要証拠金は、他の主要通貨ペアと比較しすると、多く必要です

次に、1万通貨あたりの主要通貨ペアのスワップポイント比較一覧表をご覧いただきます。*画像内のスワップポイントは記事投稿時点のものであり日々変動します

英ポンドドルは買いポジションだとスワップポイントの支払いが、売りポジションだとスワップポイントの支払いも受け取りも発生しません

今回の設定例は買いの売買システムなので、記事執筆時点ではスワップポイントの支払いが発生。

ただ、これから先に英国の方が積極的に利上げをしていった場合、この金額の差が縮まる可能性もありますが、米国の利上げのスピード・幅を見ていると、むしろ広がる可能性の方が高いような気もします。

それぞれが政策金利をどうするのかについては読み切れませんが。

ループイフダンで今英ポンドドルを選択する理由として、現在の円安水準があります。

円安環境では対円通貨ペアは売りで挑みたいのですが、先ほどの主要通貨ペアのスワップポイント比較をご覧いただくと、売りだとスワップポイントの支払いが発生する通貨ペアがほとんどです(*スイス円以外全て)。

なので、日本円がからまない通貨ペアでの運用を検討されている方に向けて、今回の設定例を前回のユーロ英ポンド、前々回の豪ドルNZドルに続き公開しました。

ループイフダンの通貨ペア選び・分散のコツなどはこちらのレポートで書きました。口座をまだお持ちでない方は是非受け取って読んでください。

2022年8月6日(土) WEBライブセミナー 「スノーキーのループイフダン初心者のための通貨ペアの選び方2022」

スポンサーリンク

英ポンドドルの設定例その1・B100想定変動幅2,000pips

 

それでは英ポンドドルBの設定例のその1です。

英ポンドドルB100で元手資金約44万円

設定例1はこちら。

通貨ペア・
売買方向・
値幅
英ポンドドル・
B・
100
最大
ポジション数
(想定変動幅)
20
(約2,000pips分)
目安必要資金 43万5,122円
想定変動幅内で
為替が動いた場合の
1年間の決済損益の目安
(*ループイフダンランキングの
最大ポジション数「30」の方の

2022年9月8日のデータより)
約4,700pips
(約6.7万円)
-買いスワップ

*決済損益はあくまでもループイフダンランキングより抽出した目安であり、確定している利益でありません。参考程度にご覧ください

年間の利益の期待値は、44万円弱の資金に対して、約6.7万円となりました。これは、年利(年間利益率)約15.5%の皮算用です。(*為替が想定変動幅内で動いた場合です)

期待値はまあまあです。

この設定を英ポンドドルの月足チャート上でご覧ください。

英ポンドドルは、ここ20年間の安値の1.14のほんの少し上で推移しています。

20年間安値を大きく下に割り込むには、かなりの下押し圧力が必要だと思うのですがどうでしょうか。

こちらの設定は、最高値の買いポジションが1.15台の場合、為替が下落した時の売買停止ラインの目安は0.95台付近。

計算上はここ20年間の安値から1,000pips以上、値を下げても耐えられる計算です(*稼働時or高値の買いポジションの為替レートが1.23以上の場合)。

スポンサーリンク

英ポンドドルの設定例その2・B100想定変動幅1,500pips

 

それでは英ポンドドルBの設定例のその2です。

この記事執筆時点だと、20年来安値付近で推移しているのに、2,000pipsもの想定変動幅を取る必要はないのでは?と感じる方に、リスク&リターンを高めたのが設定その2。

英ポンドドルB100で元手資金約28万円の場合。

設定例1は想定変動幅2,000pips、こちらは1,500pips。想定変動幅を狭く・最大ポジション数を少なくして、リターンが先ほどよりも高くなりましたが、リスクも高くなっています。

その設定例2はこちら。

通貨ペア・
売買方向・
値幅
英ポンドドル・
B・
100
最大
ポジション数
(想定変動幅)
15
(約1,500pips分)
目安必要資金 27万2,038円
想定変動幅内で
為替が動いた場合の
1年間の決済損益の目安
(*ループイフダンランキングの
最大ポジション数「30」の方の

2022年9月8日のデータより)
約4,700pips
(約6.7万円)
-買いスワップ

*決済損益はあくまでもループイフダンランキングより抽出した目安であり、確定している利益でありません。参考程度にご覧ください

年間の利益の期待値は、27万円強の資金に対して、約6.7万円となりました。これは、年利(年間利益率)約24%の皮算用です。(*為替が想定変動幅内で動いた場合です)

先ほどと同じ値幅設定ですが、最大ポジション数を少なくしたので、リターンの期待値が高く出ていますね。

この設定を英ポンドドルの月足チャート上でご覧ください。

最高値の買いポジションが1.15台の場合、為替が下落した時の売買停止ラインの目安は1.00台付近。

設定その2のこちらも、計算上は直近20年間の安値から1,000pips以上、値を下げても耐えられる計算です(*稼働時or高値の買いポジションの為替レートが1.18以上の場合)。

英ポンドドルで1,500pipsの想定変動幅は心細いのですが、なんせ直近20年間の安値近辺で為替が動いているので。

英ポンドドルが安値圏にあるので、リターンを高くしたいのであれば、こちらの設定例2でしょうか。

念のためにリスクを軽減させたい方は設定例その1の方が良いでしょう。

私なら、設定例その1なら、英ポンドドルが1.25まで上昇したところで売買システムの停止を検討設定例その2なら、英ポンドドルが1.20ぐらいまで上昇したら停止を検討します。

スポンサーリンク

今回の設定例の注意点など

 

最後に、今回の設定例の注意点をご確認いただきます。

  • 対円通貨ペアではないのが魅力
  • 直近20年間で見ても安値圏で推移
  • メジャー通貨×メジャー通貨の組み合わせというのも魅力
  • B(買い)の売買システムならスワップポイントの支払いが発生するので利益を削るのが難点
  • 数量を増やしたい方は掛け算をするだけです

メジャー通貨×メジャー通貨の組み合わせで、直近20年間で見ても安値圏で推移している続いている英ポンドドル

直近の私の3~4通貨ペア分散の私のリアル口座の運用成績記事はこちら。

レンジ抜け状態が続き利益伸び悩み スノーキーのFXループイフダン検証 2022年8月16日

定期的に追加・見直し中!その他の通貨ペアのループイフダン設定例まとめはこちら。

スノーキー ループイフダン 設定例 まとめ

当サイト限定タイアップ・5大特典を今すぐご確認ください→アイネット証券

ループイフダン初心者向け記事を「ループイフダン入門」カテゴリにまとめています。以下の青色のボタンから飛べます。

ループイフダン入門記事一覧はこちら

次の項で限定特典のお知らせがあります。

 

タイアップキャンペーン

 

ということで、ループイフダンの英ポンドドルのB(買い)の設定例・2022年9月版は以上です。

私の実際の3~4通貨ペア分散ループイフダン設定はこちら。

スノーキーループイフダン設定 通貨ペア分散 2022年9月リライト

当ブログで公開しています私のループイフダンの成績は不定期でこちらで公開しています。

ループイフダン」が利用できるアイネット証券と当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中!

以下のバナーからの新規口座開設で、当サイト限定特典付きです。

アイネット証券バナー

上のバナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

アイネット証券(ループイフダン) タイアップキャンペーン
リピート系FX(注文&自動売買) 比較

マネースクエア(トラリピ)とのタイアップキャンペーンの詳細はこちら。

マネースクエア(トラリピ) タイアップキャンペーン 2022年特典追加

その他の限定タイアップキャンペーン一覧。

FX 限定タイアップキャンペーン一覧

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート4本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-ループイフダン設定

© 2022 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ