暗号資産(仮想通貨)取引

160万超の利益 エンジンコインを利益確定 2021年11月 コインチェックのスプレッドは?

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

仮想通貨(暗号資産)のトレード記事。

前回・2021年4月の記事はこちら。

米国 暗号資産 80%に増税の噂で急落したビットコインを購入・利益確定 2021年4月27日

あれから7か月近くが経過しました。

2021年5月時のガッキーショック」と呼ばれた、中国の仮想通貨(暗号資産)に対する規制強化による大暴落劇の際にエンジンコインを買い向かったことを以下の記事で書きました。

2021年5月19日 ガッキーショックでクアンタムとエンジンコインを買い向かいました

そのエンジンコインを利益確定しました。

11月7日の朝に出先からスマホで売却しました。

エンジンコインの利益確定ポイントとコインチェックのスプレッド

 

2021年11月7日の朝にスクリーンショットを撮ったエンジンコインのチャート画像です。

チャート画像はコインチェックのものです。

前日の夜400円をつけたところで利益確定をしたかったのですが、スマホアプリのプッシュ通知に気づいた時には390円を割ったところでした。

再度400円に上昇するのを待っていたところ、翌日の朝にチャンスが来たので、そこで売りました。

2回に分けて売却したのですが、チャート上では407円ぐらいだったのですが、売却しようとすると1回目が382円台、2回目が385円台でした。

1回目が25円ほどのスプレッド、2回目が22円ほどのスプレッドがあったということでしょうか。

スプレッドが25円だった場合、手数料は16%以上だったということになりますね。

 

このスプレッド(間接的な手数料)を改めて見ると、販売所ではなく、取引所を使いたいものです。

が、この時は国内業者だとコインチェックとGMOコインしか選択肢がなく、どちらも販売所でした。

仮想通貨(暗号資産) 販売所 取引所 違い

そして私は法人口座で取引をしており、GMOコインは法人では口座が開けないので、選択肢はコインチェックしかありませんでした、この時は

スポンサーリンク

エンジンコインの売却益(確定利益)

 

エンジンコインの売却益(確定利益)です。

2021年5月19日に、149万4,100円で8178エンジンコインを購入(日本円→エンジンコイン)していました。

それを2021年11月7日に売却し、313万7,580円の日本円が戻ってきました(エンジンコイン→日本円)。

差し引きすると、164万3,480円の利益となりました。

スポンサーリンク

エンジンコインはまだまだ上がるのでは?どうして売却した?

 

今回のエンジンコインの売却記事をご覧いただいて「どうして売ったの?まだまだ上がりそうでは?」と思われた方もいらっしゃるかと思います。

Enjin(エンジン)」はメタバースファンドを1億ドル規模で設立したという材料もありエンジンコインは「メタバース関連暗号資産」としても市場では見られはじめています。

GAFAの一角、米国の超巨大IT企業のFacebookが「Meta(メタ)」に社名変更したりと、このジャンルはこれから熱そうですからね。

私もそうは思っていますが、なんせ2021年5月他、仮想通貨(暗号資産)の大暴落劇を何度も見ているので、上がったところでは利益確定しておきたいです。

保有している仮想通貨(暗号資産)が5銘柄あったので。

そもそも、エンジンコインを5月に購入した時は「購入価格より2倍以上になったら売る」つもりでした。

スノーキー(小手川征也)のFX・暗号資産など中長期投資(不労所得)運用状況

もしもまた、今回の買値付近(200円割れ)の水準まで落ちてくることがあれば、再度保有したい資産です、エンジンコインは。

ただ、次回購入するなら販売所でしか買えないコインチェックではなく、先日より板取引が可能になったオーケーコイン・ジャパンで買いたいですね。

私はIOSTをコインチェックから、取引所で板取引が可能なオーケーコイン・ジャパンに送金・乗り換えしました。

以下のYouTube動画でその手順を公開しました。

クアンタムもコインチェックから、取引所で板取引が可能なビットバンクへ送金・乗り換えをしました。

以下のYouTube動画でその手順を公開しました。

仮想通貨(暗号資産)の「取引所」と「販売所」の違いはこちら。

仮想通貨(暗号資産) 販売所 取引所 違い

2021年2月の利益確定の様子はこちら。

ライトコインとビットコインキャッシュ 1000万円分利確しました

2021年1月の利益確定の様子はこちら。

一撃500万円の利益!1000万円分のリップル(XRP)を利益確定しました

スポンサーリンク

IOST・LINKはガチホ中

 

現在まだ保有しているのはイーサリアム、クアンタム、IOST、LINK(LN)の4つの仮想通貨(暗号資産)です。

IOST、そしてLINKを購入した理由はこちらの過去記事で公開済みです。

仮想通貨(暗号資産) IOST(アイオーエスティー)を私が購入した8つの理由
LINEの仮想通貨(暗号資産) LINK(リンク)(LN)を私が購入した理由

ということで、エンジンコインのスイングトレードの結果報告は以上です。

FX(外国為替証拠金取引)を始めてみたい・興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

FX会社比較
FX 限定タイアップキャンペーン一覧

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-暗号資産(仮想通貨)取引

© 2021 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ