暗号資産(仮想通貨)取引

メジャーアルトコイン 今さらイーサリアムを購入した理由

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

仮想通貨(暗号資産)投資に関する記事です。

私が保有しているガチホ銘柄「IOST」「LINK」と、その購入理由について書いた記事はこちら。

仮想通貨(暗号資産) IOST(アイオーエスティー)を私が購入した8つの理由
LINEの仮想通貨(暗号資産) LINK(リンク)を私が購入した理由

本日、ガチホ銘柄?の一つに「イーサリアム」を組み入れました(購入しました)。

直近のイーサリアムの値動き

 

その「イーサリアム」の直近の値動きを見てみましょう。

チャート画像はbitFlyer(ビットフライヤー)のものです。

bitFlyer

上のチャート画像は直近1カ月ほどの期間を表したチャートなのですが、4月22日頃は23万円台だったのが、本日5月12日には46万円と、1か月も経たないうちに2倍以上の価格になっています。

あ、ちなみに私はビットフライヤー(法人口座)の販売所で購入しました。

仮想通貨(暗号資産) 販売所 取引所 違い

スポンサーリンク

ビットコインは伸び悩み

 

では、次に元祖仮想通貨(暗号資産)の「ビットコインの直近1カ月の値動きを表したものはこちらです。

4月14日ごろに700万円台をつけるも、その後は515万円台まで下落しました。

その際は私は短期売買で利益をあげたことは以下の記事でお伝えしました。

米国 暗号資産 80%に増税の噂で急落したビットコインを購入・利益確定 2021年4月27日

そして本日は610万円台での値動き。

ビットコインは小動きとなっているのは、一部のアルトコインにお金が流れているからではないでしょうか。

*アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨(暗号資産)のことです

スポンサーリンク

クアンタムやイーサリアムクラシックは大幅高

 

直近、国内の暗号資産交換業者の「コインチェック」で取り扱いのあるアルトコインで急騰したのは「クアンタム」や「イーサリアムクラシックなど。

2週間ほどで3倍、4倍の価格まで上昇する急騰劇を演じています。

ですが、同じくコインチェック銘柄で、私が最も期待しているIOST」はさえない値動きが続きます。

上の3枚のチャート画像はコインチェックのものです。

コインチェック

ただ、その一方で「LINK(LN)」の方は好材料が出たこともあり、下落・切り返し後は高値圏での値動きです。

ここでお伝えしたいことはマイナーなアルトコインは(値動きの)当たりはずれが激しく、いつ噴き上げるか予想が難しいこと。

スポンサーリンク

イーサリアムの上昇は機関投資家・マイナーアルトは仕手筋か

 

イーサリアム」の直近の上昇の背景を考えてみたのですが、機関投資家などの買いが積極的に入ってきているのではないでしょうか。

ビットコイン」に関してはイーロン・マスク氏及びテスラモーターズなどの大口投資家や機関投資家、日本国内企業でもネクソンが購入したことなどを明かしています。

ただ、仮想通貨(暗号資産)をポートフォリオとして組み込む場合に、リスクヘッジその他の理由でビットコイン」のみは避けたいところです。

とは言え、分散投資しようにも機関投資家がマイナーなアルトコインを購入することは考えにくいです。新しいものの方が性能が良くても。

時価総額上位で、なおかつ歴史の古いものが買いやすいでしょう。

となってくると「イーサリアム」が選ばれやすいかと。

仮想通貨(暗号資産)時価総額2位のイーサリアム」の時価総額はまだ1位の「ビットコイン」の半分ほどなので、そういった意味でも伸びしろはありますよね。

私が保有している「IOST」「LINK(LN)」はマイナーすぎますし、先ほど急騰劇を演じたことをお伝えしました「クアンタム」「イーサリアムクラシック」は、機関投資家が買っている雰囲気はないですし、噴くとしても仕手筋やロビンフッターなどの個人投資家の集団がカチあげるぐらいでしょう、今のところは。

ところがイーサリアム」クラスのメジャーアルトコインになると、2週間で3倍・4倍などの急騰はなかなかなさそうですが、機関投資家の買いが定期的に入りそうです。

直近に史上最高値を更新している強い銘柄、という点も魅力ですよね。

本当はもっと前から、イーサリアム」がこのような展開(機関投資家の資金流入の的)になるかも?とも思っていましたが、短期間で何倍、中長期で何十倍も上がる可能性があるマイナーなアルトコインの方に走ってしまっていました

本日、「イーサリアム」を購入したことにより、IOST」がもじもじした値動きをしていても、精神的には安定しそうです。

イーサリアム」ではじり上げを期待しつつ、「IOST」や「LINK」で夢を見る、といったところです。

メジャーアルトコイン&マイナーなアルトコインの組み合わせ、分散投資は重要ですね。

次の項は過去記事のリンク集です。

スポンサーリンク

仮想通貨(暗号資産)関連の過去記事リンク集

 

過去記事リンク集です。

年利12%・私がLINKをレンディングに出した様子はこちら。

年利12% 仮想通貨(暗号資産) LINKをレンディング(貸出)申請をしました

その他の当サイトの仮想通貨(暗号資産)関連での人気記事。

IOST(アイオーエスティー) 朝倉未来(あさくらみくる)氏の利確ラインは60円か
コインベース上場期待?IOSTがTwitterトレンド入り 朝倉未来氏は億り人に
仮想通貨(暗号資産) LINK(LN) 新規上場先はコインチェック?バイナンス?
仮想通貨 IOST コインチェック バイナンス どっちがいい?

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-暗号資産(仮想通貨)取引

© 2021 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ