*当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

松井証券FX自動売買設定

松井証券 FX自動売買 豪ドル米ドル(AUD/USD) ハーフ&ハーフ 約26万円設定例

2023年7月18日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

以下の記事に続く「松井証券自動売買(リピート系FX)」の初心者さんに向けた、設定例公開シリーズブログ記事です。

松井証券 FX自動売買 NZドル米ドル(NZD/USD) ハーフ&ハーフ 約25万円設定例

*追記 2024年2月に300円資金での例も追加した、この記事のリメイク版はこちら

松井証券 リピート系FX自動売買 豪ドル米ドル ハーフ&ハーフ 資金300円&30万円 設定例

今回は、豪ドル米ドル(AUD/USD) ・以下豪ドル米ドルハーフ&ハーフの設定例を考えて公開します。

過去公開したものを集めた、松井証券のリピート系FXの設定例まとめ記事はこちら。

スノーキー 松井証券 FX自動売買(リピート系FX) 設定例 まとめ

私の松井証券・リアル口座の現在の設定は以下の記事。変更したら追記・修正していく予定です。

スノーキー 松井証券FX自動売買(リピート系FX) リアル口座 設定 2023年7月リライト

この設定例は2023年7月中旬時点の為替レートをもとに考えたものです。

松井証券FX自動売買の口座開設はこちら、もしくは最後に掲載のバナー(限定特典付)から→松井証券FX

2023年11月1日より松井証券さんとスノーキーの限定タイアップキャンペーンがスタートしました!詳細は以下の記事で。

松井証券 FX タイアップキャンペーン スノーキーの自動売買レポート

松井証券口座開設手順(FX専業と少し流れが違います)はこちら。

松井証券 FX自動売買(リピート系FX) 口座開設やり方 特定口座 源泉徴収ありなしどっちがいい?

この記事のYouTube動画版はこちらで後ほど公開予定です。

松井証券FX自動売買の設定例をご覧いただく前の注意点

 

今回の松井証券FX自動売買の設定例をご覧いただく前に、以下の注意点をご確認ください。

注意

  • 私が今松井証券FX自動売買で豪ドル米ドルのハーフ&ハーフを始めるならという「例」を公開します。
  • 公開した設定を推奨しているわけではありません。
  • 「利回り期待値の目安」はバックテストで算出した目安であり、確定しているものではありません。
  • 想定変動幅より外れた場合は損失が出ることがあります。
  • 記事は定期的に見直しておりますが、為替レートやスワップポイント、必要証拠金が公開時と大きく異なる場合があります。
    その際は、ご自身で停止する為替レートなどをご判断ください。
  • 利回り期待値の目安は管理人がバックテストで算出したものです。
  • 必要証拠金の計算・強制ロスカットライン・利回り期待値もご自身で再算出を推奨します。
  • 2023年7月18日のデータ・為替レートをもとに算出しています。

今回の記事のような(松井証券)設定例公開は、私のサイトで(松井証券)口座開設をしていただいた方への限定公開となる可能性もあります。

スポンサーリンク

おさらい・松井証券FX自動売買でハーフ&ハーフは可能

 

過去もシリーズ記事出お伝えしましたが、おさらいです。

松井証券自動売買(リピート系FX)」はハーフ&ハーフが可能なリピート系FXです。

ハーフ&ハーフの出来るリピート系FX比較

トラリピでできることの多くが、「松井証券自動売買(リピート系FX)」で可能です。スペックを再確認したい方は以下の記事をどうぞ。

松井証券 自動売買(リピート系FX) 評判

 

おさらい・リピート系FXのハーフ&ハーフのメリットデメリット

 

あえて「ハーフ&ハーフ」で運用するメリットとデメリットは何か?

まずメリット。

安値圏は「買い」、高値圏は「売り」で挑むので底値での売りポジション、高値での買いポジションを持つのを避けることができる

これが両建てをすると、高値圏での買いポジション&安値圏での売りポジションをつかんでしまいます。

今回の「ハーフ&ハーフ」設定では両建てをしません。

ハーフ&ハーフ」では基本片側の証拠金のみを使うので、資金効率を有効に使えます。

以下は「ハーフ&ハーフ」のデメリット。

FXのスワップポイントは通常、買い」か「売り」のどちらかは支払いなので為替の位置によってはスワップポイントの支払いが発生する

時には数カ月・数年の長期になることも。

それ以外だと上にも下にもレンジ抜けリスクがある点。

私はループイフダンセミナーや、アイネット証券口座開設特典の非売品レポート内でリピート系FXのスワップポイントの重要性は何度もお伝えしています

メリットデメリットの両方を見てハーフ&ハーフ」に向いている通貨ペアは、レンジ(一定の価格帯)での値動きが長く続いているものです。

 

豪ドル米ドルは直近8年間は2,600pipsのレンジ内で推移

 

今回の対象の通貨ペア、豪ドル米ドル(AUD/USD)の月足チャートで値動きをご覧いただきます。

よく取引する通貨ペアです」という方はおそらく少ないでしょう。

直近8年間の中で約2,000pipsにおさまっている期間が長いです。

が、コロナショック時に一時的に下抜けしました。

その際の2本の月足を入れると、直近8年間は2,600pipsのレンジ内での値動きです。

今回は下ひげの部分をカバーせずに設定を考えました

下抜けリスクがあることは先にお伝えしていきます。

この記事執筆時点の松井証券FXの支払い側である買いスワップポイントは、1万通貨当たり-63円と、きついレベルです。

ですが、バックテストで出た数値が良かったため、設定例を公開することにしました。

豪ドル米ドルのスプレッドを他社と比較すると、やはり松井証券はかなり優秀です。

他社の5分の1~4分の1ほどの格安の取引コスト

このスプレッドの狭さが、注文の成立回数の差を生みます。

その他の通貨ペアなども含めて比較したい方はこちら。

リピート系FX(注文&自動売買) 比較

 

豪ドル米ドル・ハーフ&ハーフ・売りレンジの設定例

 

さて、ここから実際の設定例です。

ハーフ&ハーフ」なので、売りレンジ側と買いレンジ側の二つの設定に分かれています。

まずは「売りレンジの設定」。

通貨ペア 豪ドル米ドル
売買方向 売り
注文レンジの上限 0.81600
注文レンジの下限 0.71505
数量 1,000通貨
注文値幅 40pips
益出し幅 40pips
運用停止ライン
(損切り設定)
なし

仕掛けた範囲を、月足チャートに色付けしましたものがこちら。

 

豪ドル米ドル・ハーフ&ハーフ・売りレンジの設定例の期待値

 

売りレンジ側の設定の注文状況がこちらの画像で確認できます。

NZドル米ドルの時と同じく、約1,000pipsに40pips値幅で仕掛けるので、合計25本の注文とわかりやすいですね。

売り側の設定の私が算出した(少し低く期待値が出る)バックテストの結果

今回は元手資金を26万円に設定しました。これは、売り側と買い側の両方の総額です。

直近3年間と同じ値動きを豪ドル米ドルがしてくれた場合、3年間のバックテストの結果だと、+102,000円の期待値(皮算用)となりました。

260,000円の資金で運用している場合、年利期待値・年平均約13%+スワップポイントの受け取りによる利益の積み増し。

ですが、この期待値は売り側だけだから、ちょっと待ってください

買い側と合算した数値は記事後半で。

次の項より買いレンジ側の設定例と期待値。

 

豪ドル米ドル・ハーフ&ハーフ・買いレンジの設定例

 

二つに分かれた設定、次は「買いレンジの設定」。

通貨ペア 豪ドル米ドル
売買方向 買い
注文レンジの上限 0.71505
注文レンジの下限 0.61410
数量 1,000通貨
注文値幅 40pips
益出し幅 40pips
運用停止ライン
(損切り設定)
なし

仕掛けた範囲を、月足チャートに色付けしましたものがこちら。

 

豪ドル米ドル・ハーフ&ハーフ・買いレンジの設定例の期待値

 

買いレンジ側の設定の注文状況がこちらの画像で確認できます。

買い側の設定の私が算出した(少し低く期待値が出る)バックテストの結果

直近3年間と同じ値動きを豪ドル米ドルがしてくれた場合、3年間のバックテストの結果だと、+110,000円の期待値(皮算用)となりました。

250,000円の資金で運用している場合、年利期待値・年平均約14.1%-スワップポイントの支払いによる利益の減少。

この期待値は買い側だけだから、ちょっと待ってください。次の項で両方足したものを出します。

スポンサーリンク

豪ドル米ドル・ハーフ&ハーフ設定例・全体の期待値

 

今回の設定例では、以下のイメージ図のように買いと売りを仕掛けています。

先ほどのバックテストの結果の合算

直近3年間と同じ値動きを豪ドル米ドルがしてくれた場合、買いと売りで年間計+212,000円ぐらいの期待値(皮算用)。

もし260,000円の資金で運用し、3年間で+212,000円の利益が出たら年利期待値は(3年間の)年平均27.1%±スワップポイントによる利益の増減となります。

過去公開、豪ドルNZドルの改定前の設定例の期待値は23.1%、NZドル米ドルの設定例の期待値は23.4%でした。

松井証券 FX自動売買 豪ドルNZドル ハーフ&ハーフ 約20万円資金 設定例
松井証券 FX自動売買 NZドル米ドル(NZD/USD) ハーフ&ハーフ 約25万円設定例

4年間、同じように豪ドル米ドルが動いてくれた場合、口座残高は2倍強になる皮算用・期待値なので、なかなかではないでしょうか。

スポンサーリンク

最後に。今回の設定例の注意点など

 

最後に、今回の設定例の魅力や特徴、注意点をご確認いただきます。

  • 豪ドル米ドルは一定期間レンジ内で
    動いていますが永遠に続くかはわかりません。例は特に推奨していません
  • 今回は長期間続く、レンジの上限と下限(*注意 下ひげ部分カバーせず)で
    設定を組んでいるので余裕資金を入れていません。
    (ちなみに、中心値付近で買いポジションを保有していて、
    下ひげの一番下・直近の最安値まで耐えるための
    資金の目安はざっくりと+約15万円)
  • 買いのレンジでは売りのレンジ側の証拠金温存、
    売りのレンジではその逆なので片側の証拠金+αで26万円の資金を設定。
    いくらの資金で始めるのか?はリスク&リターンのバランスでご判断ください。
  • この記事が役に立ちましたら
    松井証券の口座開設はこの記事の最後に掲載しているバナーからお願いしますm(__)m(*限定特典付)

以上です。

当サイトで過去に公開しました松井証券自動売買(リピート系FX)」の設定例まとめはこちら。

スノーキー 松井証券 FX自動売買(リピート系FX) 設定例 まとめ

松井証券自動売買(リピート系FX)」の私のリアル口座の設定状況はこちら。

スノーキー 松井証券FX自動売買(リピート系FX) リアル口座 設定 2023年7月リライト

松井証券自動売買(リピート系FX)検証結果・運用成績こちらのカテゴリで継続的に公開予定です。

30万円程度の資金で始められるハンガリーフォリント円、チェココルナ円、メキシコペソ円スワップ投資の例などはこちらのまとめ記事でどうぞ。

FXスワップポイント投資 高金利通貨ペア 設定例 まとめ
FX 資金30万円 ハンガリーフォリント円 スワップ投資設定例 2023年7月版【スワップ+17円&+21.75円版】

 

松井証券口座開設はこちら(限定特典付)

 

ということで、「松井証券自動売買(リピート系FX)」の設定例公開記事、豪ドル米ドルのハーフ&ハーフの設定例については以上です。

他の通貨ペアの設定例の公開も行いますので是非当ブログをお気に入りに追加をお願いします。

松井証券新規口座開設限定タイアップ特典付きのこちらのバナーからどうぞ。スマホによる本人確認「eKYC」だと最短当日に口座開設完了します。

松井証券FX

上のバナーが表示されていない方はこちら→松井証券FX

限定タイアップキャンペーンの特典の詳細はこちら。

松井証券 FX タイアップキャンペーン スノーキーの自動売買レポート

松井証券口座開設の流れはFX専業とは少し違うので以下の記事を参考にしてください。

松井証券 FX自動売買(リピート系FX) 口座開設やり方 特定口座 源泉徴収ありなしどっちがいい?

クイック入金・リアルタイム入金の手順はこちらの記事で。

松井証券 FX自動売買(リピート系FX) 口座クイック(リアルタイム)入金手順

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート4本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

みんなのFX(ハンガリーフォリント円スワップ投資他)

◆限定特典は計10,000円キャッシュバック上乗せ

◆ハンガリーフォリント円、チェココルナ円、ユーロズロチが取引可能

◆メキシコペソ円などのスワップポイントが高い

◆上場企業の傘下

◆シストレあり(みんなのシストレ)

松井証券(リピート系FX)

◆限定特典は管理人書き下ろし92Pの非売品レポート

◆限定特典は取引する前にもらえます(FX口座完了)

◆大手ネット証券・上場企業

◆最小取引単位は1通貨・100円からFX自動売買が可能

◆リピート系FXの中でもスプレッドがかなり狭い

-松井証券FX自動売買設定

© 2024 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ