暗号資産(仮想通貨)取引

2021年5月19日 ガッキーショックでクアンタムとエンジンコインを買い向かいました

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

仮想通貨(暗号資産)投資に関する記事です。

2021年5月19日に発生した仮想通貨(暗号資産)の大暴落

そんな中、仮想通貨(暗号資産)を買い向かいました

昨日のビットコイン・リップルの値動き

 

昨日の「ビットコイン」「リップル」の値動きを見てみましょう。

まずはビットコイン日足。

今年に入って、史上最高値をつけたのが7月中旬で、700万円台

そこから1か月と少し後に、まさか半値以下の300万円台前半まで下落するとは・・・。

特に日本時間の21時ごろの下落がものすごかったです。

早起きのアメリカ人が起き始めた時間帯でしょうか(アメリカ時間早朝)。

おはギャーですよね。

15分足チャート。1時間で100万円以上も下落しました。

ちなみに、日本時間午後3時ぐらいまではリップルとかアルトコインは耐えていたのですが、21時ごろのビットコインの急落には連れ安。

160円ぐらいで踏ん張っていたのですが、その後100円割れ水準まで一気に下落したのにはビックリしました。

ちなみに、私がメジャーアルトコインのイーサリアムを保有しているのはbitFlyer(ビットフライヤー)です。

bitFlyer

メジャーアルトコイン 今さらイーサリアムを購入した理由

スポンサーリンク

仮想通貨(暗号資産)下落の理由は星野源さん新垣結衣さんの結婚?

 

昨日のビットコイン他仮想通貨(暗号資産)の急落劇は一部では「ガッキーショック」とも呼ばれています。

星野源さんと新垣結衣さんが結婚を発表したのが昨日・2021年5月19日だったからです。

新垣結衣さんの結婚が仮想通貨(暗号資産)の急落と関係があるの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、芸能人の結婚発表時には何度も株式市場の暴落がありました。

石原さとみショック」「堀北真希ショック」「福山雅治ショック」「北川景子ショック」「優香ショック」などがその一部です。

また「ネタ」と言ってしまえばそうなんですけども、過去に実際に何度も発生しているので・・・。

スポンサーリンク

暴落の引き金はイーロン・マスク砲と中国当局の規制・ロスカット連鎖

 

先ほどの芸能ネタはともかくとして、直近は仮想通貨(暗号資産)に対しての向かい風・悪材料が続いて出ました。

まずは、イーロン・マスク氏の発言・・・いわゆる「イーロン・マスク砲」。

氏がビットコインの環境への懸念」「テスラモーターズで保有しているビットコイン売却を示唆(一部は売却済み)」と発言したことや、その前にはテスラモーターズがビットコインでの支払い受付の停止を発表したことなどもありました。

過去にイーロン・マスク氏はビットコイン・ドージコインなどの支持する発言をしたこともあり、仮想通貨(暗号資産)界隈を盛り上げてきましたが、ここにきての手のひら返し

彼は最近では多くの仮想通貨(暗号資産)投資家の反感を買う言動を繰り返しています。

さらに、悪いタイミングで中国の金融業界団体が18日、金融機関による暗号資産関連サービスの提供を禁止するなど規制強化が発表されました。

ただ、この材料は目新しいものではなく再確認」に近い意味合いだったものをロイター通信が大袈裟に伝えたからではないか?という記事も目にしました。

ともかく、直近のビットコイン他仮想通貨(暗号資産)の価格が下落していて投資家マインドが冷え込んでいるところに悪材料が出たので、売り仕掛けしてきた勢力&利益確定売りが重なり、それが個人投資家の売りを呼び、強制ロスカットの連鎖につながったのではないでしょうか。

昨日一日で吹き飛んだ仮想通貨(暗号資産)の時価総額の消失額は一兆ドル程度だったという記事を見ました。

1日の下げ率が50%を超えるアルトコインも多数あったので、まさしく地獄絵図でした。

スポンサーリンク

クアンタムとエンジンコインを購入

 

そんな中、私はコインチェックに入金し、「クアンタム」「エンジンコイン」を購入しました。

コインチェック

クアンタム」一本にしようか悩んだのですが、直近高値からは下げ幅のきつい「エンジンコイン」と分散することにしました。

エンジンコイン大幅高 材料はGMOコインでの取扱いスタートではなく?

クアンタムに集中していれば・・・」という結果にならなければいいのですが。

スポンサーリンク

仮想通貨(暗号資産)はバブル崩壊?

 

昨日はビットコインだけではなく、アルトコインも大きく下落し、前日比マイナス50%の銘柄が多くみられました。

イーサリアム」「クアンタム」「エンジンコイン」も前日比マイナス50%という恐ろしい数字を目にしましたが、私はまだ仮想通貨(暗号資産)バブルが崩壊したとは思っていません(*個人的な考え)。

その理由として、売られた材料がイーロン・マスク氏の言動や、中国の規制の再確認などだからです。

これが「アメリカで仮想通貨(暗号資産)が禁止された」などのニュースなら「終わった・・・」と買い向かいはしていなかったと思います。

今も続々と機関投資家の参入などの材料が連日入ってきているので、また市場が落ち着きを取り戻せば、上昇トレンドへと転換するのではないか、と期待しています。

また、仮想通貨(暗号資産)は年末年始が上昇しやすい印象が強いので、今の時期は我慢だなと考えています。

以上です。

次の項は過去記事のリンク集です。

 

仮想通貨(暗号資産)関連の過去記事リンク集

 

過去記事リンク集です。

私が保有しているガチホ銘柄「IOST」「LINK」と、その購入理由について書いた記事はこちら。

仮想通貨(暗号資産) IOST(アイオーエスティー)を私が購入した8つの理由
LINEの仮想通貨(暗号資産) LINK(リンク)を私が購入した理由

年利12%・私がLINKをレンディングに出した様子はこちら。

年利12% 仮想通貨(暗号資産) LINKをレンディング(貸出)申請をしました

その他の当サイトの仮想通貨(暗号資産)関連での人気記事。

IOST(アイオーエスティー) 朝倉未来(あさくらみくる)氏の利確ラインは60円か
コインベース上場期待?IOSTがTwitterトレンド入り 朝倉未来氏は億り人に
仮想通貨(暗号資産) LINK(LN) 新規上場先はコインチェック?バイナンス?
仮想通貨 IOST コインチェック バイナンス どっちがいい?

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-暗号資産(仮想通貨)取引

© 2021 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ