*当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

FX会社比較

最短当日~翌日 口座開設スピードが速いFX会社3選

2020年7月24日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

FX会社比較記事シリーズ。

FX会社比較

今回は、口座開設スピードが速いFX会社・FX業者を3社ご紹介します!

最短で新規口座開設申し込みの翌日からFX取引が可能になります!

昔と比べてFX口座開設スピードがさらに速くなった理由

 

もともと、FXの口座開設のスピードは、証券会社(株式投資)と比較すると速い方ではありました。

私がFXを始めたのは2008年ですが、その頃でも速いところなら、インターネットで申し込んで3日ぐらいでIDとログインパスワードが届いた記憶があります。

それがさらに速くなった理由は、トレイダーズ証券がFX業界で初めて導入した「オンライン本人確認」です。

2018年11月に「犯罪収益移転防止法施行規則」が改正されたことにより実現可能となったとのこと。

要は法改正により、それまでの本人確認方法の「顧客から身分証(写し)の送付を受け、顧客宅に転送不要郵便を送付する方法」だけではなく、オンラインで本人確認を用いることにより郵送の手続きがなくても口座開設が完結出来るようになりました。

ということで、背景には法改正があったということですね。

最近はハンコ文化とオンラインでの契約の完結に関してニュースになっていますが、一部では便利な法改正も行われていたということです。

 

口座開設スピードが速いのはトレイダーズ証券の2つ

 

さて、その前述の上場企業トレイダーズホールディングス傘下のトレイダーズ証券が提供するFXサービスは二つあります。

一つ目はみんなのFXです。

みんなのFX 評判

二つ目はLIGHT FXです。

LIGHT FX 評判

上の二つのサービスならスマホでのeKYC」という本人確認を活用すれば、速いと数時間で取引が可能になります。

両サービスは同一資本ということもあり、スプレッドや通貨ペア数など主なスペックはほぼ同じなのですが、みんなのFXはバイナリーオプションとシストレのサービスがありますが、LIGHT FXにはその二つはありません

みんなのFXの「みんなのシストレ」に関しては以下の記事で書きました。

みんなのシストレとは?

じゃあ、みんなのFXの方が良いかというとそうでもなく、上のYouTube動画でもその違いをお伝えしましたが、LIGHT FXの方が高金利通貨ペア3兄弟のスワップポイントがやや高いです。

高金利通貨ペア3兄弟スワップ比較

なので、目的(シストレか?スワップポイント投資か?)に応じてどちらにするか?を選ばれたらいいかと思います。

両サービスともに、当サイト限定特典があるので、以下の二つの記事もチェックしてみてください。

みんなのFX タイアップキャンペーン
LIGHT FX タイアップキャンペーン

 

LINE FXも口座開設スピードが速い

 

先日のこちらの記事で、口座開設手順及び、操作方法の一例をお伝えしましたLINE FXも口座開設スピードが速かったです。

スマホで簡単 LINE FX 口座開設方法 手順 必要書類
LINE FX 操作方法・使い方 クイック入金から新規注文 OCO注文で決済まで

口座開設申し込みから、約24時間ぐらいで口座開設完了のお知らせがLINEで届きました。

LINE FXも、前述の二つのサービスと同様に、スマートフォンで「かんたん本人確認」ができて、私はそれを利用したので速かったです。

LINE FXの口座開設の流れは先ほどの過去記事をご覧いただくと、よりわかりやすいかと思います。

ということで、FXの口座開設スピードが速いFX会社3選でした。

3つのサービスともに上場企業のグループ企業が提供するサービスなので、信頼度は高いですよ。

FX 上場企業 比較

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート4本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

みんなのFX(ハンガリーフォリント円スワップ投資他)

◆限定特典は計10,000円キャッシュバック上乗せ

◆ハンガリーフォリント円、チェココルナ円、ユーロズロチが取引可能

◆メキシコペソ円などのスワップポイントが高い

◆上場企業の傘下

◆シストレあり(みんなのシストレ)

松井証券(リピート系FX)

◆限定特典は管理人書き下ろし92Pの非売品レポート

◆限定特典は取引する前にもらえます(FX口座完了)

◆大手ネット証券・上場企業

◆最小取引単位は1通貨・100円からFX自動売買が可能

◆リピート系FXの中でもスプレッドがかなり狭い

-FX会社比較

© 2024 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ