ループイフダン検証

ループイフダン 豪ドル円B再び! カナダドル円B ドルスイスB 通貨ペア分散に変更

2020年1月5日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

ループイフダン検証ブログシリーズで、設定変更をお伝えする記事です。

ループイフダンとは?簡単選択型FX自動売買
アイネット証券(ループイフダン) 評判

ループイフダン検証は前の公式ブログから3年1カ月以上継続しており、今回は第149弾となります。

アイネット証券

当サイト限定特典を見る

※アイネット証券の公式ホームページへ飛びます

こちらが前回の記事です。

ループイフダン カナダドル円B ユーロ円S ドルスイスB 通貨ペア分散運用スタート

先週末にユーロ円のS(ショート)の売買システムを停止してポジションを全て成行注文で決済しました。

その後、新たに豪ドル円B(ロング)を稼働しました。その設定を公開します。

以前から稼働中のユーロ円S(ショート)とドルスイスフランB(ロング)の詳細設定も再度ご確認いただきます。

また、本日時点での口座残高をお伝えします。

前回もお伝えしましたが、考え方としてはアバウトに150万円×1通貨ペア×3=450万円です。

つまり、一つの売買システムに150万円、という考え方です。

その売買システムをさらに細かくすると、30万円×5=150万円だったりするわけです。

新規稼働の売買システム・豪ドル円B40

 

先週の金曜日の深夜に稼働した、豪ドル円の売買システムはこちらです。

売買システム
(通貨ペア・
売買方向・
値幅など)
豪ドル円
B(買い)
40
数量5,000通貨
最大ポジション数20
(約8円分の値幅)
損切り設定なし

損切り設定は「なし」で、実際に使用していた証拠金は、約150万円中66.5万円ほどです。

損切り「なし」設定については以下の記事で書きました。

アイネット証券 ループイフダン 私が損切りなしに変更した理由 メリットは?

こちらのレポートでその理由を書きましたが、5,000通貨通貨分の数量を5回(1,000通貨×5)に分けて発注していました。

スポンサーリンク

豪ドル円チャートで設定を確認

 

豪ドル円月足チャートで設定の特徴をご覧いただきます。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

私が稼働したのは75円台ぐらいでした。

ここ7年ぐらいの豪ドル円の安値は69円台なので、そこよりも下にさがったところが売買停止ラインの目安です。

さらに余裕資金100万円も入れてあるので、そこから一段安になっても強制ロスカットにはならない計算です。

リーマン・ショック後の安値の55円には耐えられませんが、じりじりと値を下げた場合は入金して対応するつもりです。

今回、再度豪ドル円のBを稼働した理由は、以下のYouTube動画で初心者向けの資金30万円の例のデータを作っていた時に「利回り期待値が高い」と再確認したからです。

スポンサーリンク

稼働中の売買システム・カナダドル円B40

 

すでに稼働中の売買システムはこちらです。

*追記 後日にカナダドル円B40は数量を4,000通貨から5,000通貨に増やし、最大ポジション数を減らしました。以下はそれを反映している売買システムとチャートです

売買システム
(通貨ペア・
売買方向・
値幅など)
カナダドル円
B(買い)
40
数量5,000通貨
最大ポジション数20
(約8円分の値幅)
損切り設定なし

カナダドル円月足チャートで設定の特徴をご覧いただきます。

私が稼働したのは80円台ぐらいでしたが、直近は83円~84円台まで為替レートが上昇しています。

10円の想定変動幅を取っているので、73円台まで下落しても取引(新規注文→決済注文)を繰り返してくれます。

さらに、余剰資金を80万円以上入れています。

直近20年の安値が68円台なのでかなり保守的であり、初心者さんにとってはわかりやすくて始めやすいのはこの設定だと思います。

前回もお伝えしました。

スポンサーリンク

稼働中の売買システム・ドルスイスフランB25

 

先日より稼働していた売買システムのもう一つはこちらです。

売買システム
(通貨ペア・
売買方向・
値幅など)
ドルスイスフラン
B(買い)
25
数量5,000通貨
最大ポジション数21
(約525pips分の値幅)
損切り設定なし

損切り設定は「なし」で、実際に使用していた証拠金は、約150万円中42.4万円ほどです。

こちらも分散して発注。5,000通貨分の数量を5回(1,000通貨×5)に分けて発注していました。

ドルスイスフラン月足チャートで設定の特徴をご覧いただきます。

非常に狭いレンジを狙いに行っています。

私が稼働したのは0.98ドル台。

525pipsの想定変動幅を取っているので、0.93ドル台まで下落しても取引(新規注文→決済注文)を繰り返してくれます。

さらに、0.83ドル台ぐらいまで下落しても大丈夫なように、余剰資金が108万円ほど入っています。

こちらも今は狭いレンジ内で揉み合いをしてくれていますが、いつ大きくレンジから抜けるかはわかりません

この設定は最もリスクを取りに行っています

スポンサーリンク

停止させるタイミングなど今後の戦略

 

稼働中の3通貨ペアに特徴することは、「全てスワップポイントの受け取りが発生するポジションである」点。

1万通貨あたりのスワップポイントは、本日の調査結果(2020年1月5日)だと、カナダドル円買いが+37円、豪ドル円買いが+15円、ドルスイスフランが+60円です。

年利の期待値は、カナダドル円B40に関しては13%の皮算用+買いスワップポイント。

豪ドル円B40に関しては18%の皮算用+買いスワップポイント。

ドルスイスフランB25に関してはループイフダンランキングに実績値が出ていないので皮算用は算出できませんでした。

*上の皮算用の数値に関してはループイフダンランキングを目安、また想定レンジから抜けなかった場合のものです

今後の戦略・停止・見直しラインですが、カナダドル円B40は88円台まで上昇した時、豪ドル円B40は77円台後半まで上昇した時、ドルスイスフランBは1.10台まで上昇した時です。

上の見直しラインは全て、想定と同じ方向(Bなら上昇、Sなら下落)です。

逆行した場合(Sなら上昇、Bなら下落)した時は、基本的には損切りなどはしないで耐えるつもりです。

 

本日時点でのループイフダン口座残高

 

本日、17時30分ごろ時点でのループイフダン口座残高・推移はこちらです。

スタート資金
(2019年2月8日&
2019年8月14日)
450万円
(300万円
+後日150万円)
2020年1月5日
口座残高
450万5,820円
運用トータル
実現損益
(再スタート後)
+5,820円
前回公開時比残高+1万7,248円
含み損益-2万6,562円
(前回比 -1万8,212円)

口座残高は前回よりも1万7000円ほど増えました

リスクを取りに行った設定なだけあって、口座残高の増えるスピードは速いです。

ですが、含み損が少し増えたので、前回比の実質的な口座残高の増減は約-1千円です。

次の項で限定特典のお知らせがあります。

 

ループイフダンタイアップキャンペーン

 

ということで、今回のループイフダン検証記事は以上です。

引き続き、当サイトでは設定を変更した場合や成績は不定期でこちらで公開していきます。

私の資金1000万円のFX中長期投資の一覧は以下の記事でご覧いただけます。

スノーキー(小手川征也)のFX中長期投資(不労所得)運用状況

アイネット証券と当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中!

以下のバナーからの新規口座開設で、当サイト限定特典付きです。

アイネット証券バナー

上のバナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

アイネット証券(ループイフダン) タイアップキャンペーン

その他の限定タイアップ一覧。

FX 限定タイアップキャンペーン一覧

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-ループイフダン検証

© 2020 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ