BITMAX評判

BITMAX(ビットマックス) 口座開設日数

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

私がガチホ銘柄として保有している暗号資産「LINK」用口座として活用している、暗号資産交換業者の「BITMAX(ビットマックス)」。

国内で「LINK」の取り扱いがあるのは「BITMAX(ビットマックス)」のみです。

LINEの仮想通貨(暗号資産) LINK(リンク)が買える暗号資産交換業者

そのBITMAX」の新規口座開設申し込みから、取引ができるようにかかった日数・体験談について。

BITMAXの口座開設申し込みにはLINEアカウントが必要

 

BITMAX」の新規口座開設には「LINE」アカウントが必須(のはず)です。

LINE」から「BITMAX」に連携をして、新規口座開設を申し込みをする流れになります。

少し前にセキュリティ面で話題になった「LINE」を使っていない方は少数派だとは思いますが、もしも持っていない方はそのアカウントを先に作成する必要があります。

スポンサーリンク

BITMAXの口座開設は即日

 

本題の「BITMAX」の口座開設にかかる日数ですが、申し込みから数時間、即日に取引ができるようになりました。

なので、口座開設スピードが速い国内業者を探している方は「BITMAX」は候補の一つになるでしょう。

以下の記事で口座開設スピードが速い業者について書きました。

リップル(XRP)を買いたい 口座開設スピードが速い 仮想通貨取引所・販売所

他にもDMMビットコイン」なども即日(最短当日)に口座開設が可能です。

DMM Bitcoin

スポンサーリンク

BITMAXのメリットはLINKを買える点だけ?

 

そんな口座開設スピードの速い「BITMAX」ですが、その他のメリットと言えばLINK」が買える点がまず一つ。

前述のとおり、この記事公開時点でLINK」の取り扱いがある国内業者は「BITMAX」だけです。

私が「LINK」をガチホしようと思った理由はこちら。

LINEの仮想通貨(暗号資産) LINK(リンク)(LN)を私が購入した理由

そのLINK」を「レンディングサービス(貸し出し)に出していることは以下の記事で書きました。

利率が高い点もメリットです(プランによっては年利12%相当)。

年利12% 仮想通貨(暗号資産) LINKをレンディング(貸出)申請をしました

ただ、その他のスペックで見るとメリットよりもデメリットの方が目につきます。

取り扱い仮想通貨(暗号資産)数は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル、LINKと6種しかありません。

また、取引所形式ではなく、販売所形式なので、スプレッドがかなり広く買った瞬間の含み損(手数料)がかなり大きいです。

仮想通貨(暗号資産) 販売所 取引所 違い

BITMAX」は「LINK」を購入できる以外のメリットは正直あまりありません

比較対象として、私が1000万円以上の資産を預けているコインチェックだと、16種類もの仮想通貨(暗号資産)が取引できます。

色々な仮想通貨(暗号資産)を取引したいなら、コインチェックの方が優位性が高いですね。

詳細は以下のバナーからどうぞ。

コインチェック

上のバナーが表示されていない場合はこちら→コインチェック

以下の記事で、国内業者ではコインチェックでしか取り扱いがない「IOST」を購入した理由を公開しました。

仮想通貨(暗号資産) IOST(アイオーエスティー)を私が購入した8つの理由

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-BITMAX評判

© 2021 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ