*当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

FXスワップポイント投資

LIGHTペア版 FX メキシコペソ円 ハンガリーフォリント円 スワップポイント投資 比較 どっちがいい 2024

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

当サイトでの、スワップポイント投資の人気のカテゴリ・通貨ペアが「メキシコペソ円」「ハンガリーフォリント円」の二つ。

以前に、この二つの通貨ペアを比較した記事を以下で公開しました。

FX ハンガリーフォリント円 メキシコペソ円 比較 スワップポイント投資 どっちがいい

この記事は上の過去記事の2024年1月のリメイク版です。

LIGHT FX」の「LIGHTペア」版の「メキシコペソ円」「ハンガリーフォリント円」どっちがいい?について比較していきます。

LIGHTペア」とは?そのスペックについては以下の二つの過去記事で紹介しました。

LIGHT FX LIGHTペアにハンガリーフォリント円 チェココルナ円 スワップポイント・スプレッドを調査
トルコリラ円 メキシコペソ円 南アフリカランド円 LIGHT FXのLIGHTペアのスワップポイントが高額

LIGHTペアが取引できるLIGHT FXとのタイアップキャンペーンは記事の最後に記述があるので、ご活用ください。

限定特典の詳細を今すぐご確認したい方はこちら→LIGHT FX

この記事のYouTube動画版はこちらで後ほど公開予定です。

メキシコとハンガリーの国の基本情報を比較

 

メキシコペソ円はメキシコで使われている通貨、ハンガリーフォリント円はハンガリーで使われている通貨。

メキシコとハンガリーとの国の基本情報についての比較はこちら。

さて、2か国を比較した時に、人口が圧倒的に多く、国土面積が圧倒的に広く、GDP規模もメキシコが圧倒しています。

前回の記事の際と大きく変わっているのはインフレ率

約25%だったハンガリーのインフレ率が、2024年の推計値では6.6%まで落ち着いています

メキシコのインフレ率も前回調査時の6%台から4%台へと低下。

インフレ率がおさまれば、引き上げていた政策金利を、今度は引き下げていく可能性があります。

スポンサーリンク

メキシコとハンガリーの政策金利を他国も含めて比較

 

メキシコペソ円とハンガリーフォリント円。

FXで人気の通貨の国・地域(トルコやチェコを含む)と、メキシコとハンガリーの比較一覧表をご覧ください。

メキシコは11.5%と前回と変わらずですが、ハンガリーは昨年に利下げを行ったので10.75%まで下がっています。

とはいえ、主要各国と比較すると、両国(両中銀)とも高い水準です。

スポンサーリンク

メキシコとハンガリーの国債格付け比較

 

国の信頼度、その国の信頼度を図る際に、国債の格付けで判断することがあります。

が、格付け会社は両国をどう見ているのでしょうか。

メキシコとハンガリーの国債格付け(S&Pのもの)を、FXでよく取引される国などと比較してみました。

こちらがその比較一覧表。

メキシコとハンガリーはあまり変わらない水準です。

GDPや人口、国土面積はメキシコが圧勝でしたが、格付け会社の評価はほぼ同レベルです。

 

値ごろ感を月足チャートで確認し比較

 

値ごろ感」を知るために、メキシコペソ円とハンガリーフォリント円、それぞれの月足チャートを確認してみましょう。

それぞれ、約13年間の値動きを確認してみました。

メキシコペソ円は、13年間の中長期で見ると「高値圏といってもいい水準まで上昇しています。

高値警戒感があります

一方のハンガリーフォリント円の約13年分のチャート。

直近10年ほどの中長期のスパンで見るとやや安値圏です。

値ごろ感」だと、圧倒的にハンガリーフォリント円に魅力を感じます。これから先に為替が上がるか?下がるか?はわかりませんが買いやすい水準。

スポンサーリンク

メキシコペソ円とハンガリーフォリント円スワップポイント比較

 

メキシコとハンガリーを、利益(リターン)以外の視点で、ここまでは比較してきました。

本題の利益に繋がってくる「スワップポイント」を比較してみます。

ただ、金額を比較しても意味がありません。

両者の「スワップポイント」はスワップポイント投資」としての資金効率やリスク&リターンのバランスで判断しないといけません

過去に、当サイトでは、今回比較している二つの通貨ペアのLIGHTペア」版の30万円資金例(メキシコペソ円はセントラル短資FXの例も含む)を公開しました。

メキシコペソ円版がこちら。

FX 資金30万円 メキシコペソ円スワップポイント設定例 利回り期待値・ロスカットラインなど 2023年8月末

上の記事では、私がもしもメキシコペソ円でスワップポイント投資をするなら、という前提で現実的な数量で算出しました。

6例を出しましたが、年利期待値20.4~31.7%でした。

メキシコペソ円は、実効レバレッジ約2倍スタートの例だと、年利期待値22.2%(LIGHTペアの場合)です。

一方のハンガリーフォリント円版はこちら。

LIGHT FX LIGHTペア版 ハンガリーフォリント円 スワップ投資例 資金30万円【20円&15円】

ハンガリーフォリント円版では、6例を公開しましたが、年利期待値29%~48%と非常に高い数値となりました。

ハンガリーフォリント円は、実効レバレッジ約2.2倍スタートの例だと、年利期待値38%です。

期待値に約1.72倍の差があります。

期待値が高いのは、前回同様ハンガリーフォリント円

 

メキシコペソ円とハンガリーフォリント円比較・どっちがいい

 

いくつかの視点で比較しましたが、メキシコペソ円とハンガリーフォリント円をスワップポイント投資として比較しましたが、どちらがいいか?

前回と同様にリターンの期待値」で言えば、ハンガリーフォリント円が圧倒的に上です。

ただ、ハンガリーフォリント円はFXの世界でよく知られるようになって日が浅い点は不安要素です。

ハンガリーは人口・国土面積・経済規模の全てがメキシコよりも劣っていますし。

FXで取り扱いが始まってからの歴史、国力の規模などを見るとメキシコの方に優位性を感じます。

私の個人的な好みはリスクが高くてもリターンを求めるタイプなので、ハンガリーフォリント円の方が好みです。

皆様はどう感じられたでしょうか?

ハンガリーフォリント円もメキシコペソ円もLIGHT FXのLIGHTペアが買いスワップポイントが高額なので、最後のバナーからの新規口座開設で特典を是非もらってください。

メキシコペソ円スワップ投資を2023年の1年間やっていたらどうなったのか?の検証結果はこちら。

約1年間で300万円が500万円に メキシコペソ円スワップ投資検証 2023年・アイネット証券版

メキシコペソ円とループイフダン(リピート系FX)の相性の良さがわかる検証結果はこちら。

3年間で口座残高2倍 ループイフダン(リピート系FX自動売買) 最強通貨ペア メキシコペソ円の検証結果

トルコリラ円、南アフリカランド円など、その他の通貨ペアも含む、高金利通貨ペアスワップ投資例まとめ記事はこちら。

FXスワップポイント投資 高金利通貨ペア 設定例 まとめ

 

LIGHT FXタイアップキャンペーン

 

ということで、メキシコペソ円とハンガリーフォリント円をスワップポイント投資」対象として、どちらがいいのかの比較・2024年「LIGHTペア版は以上です。

LIGHT FXとスノーキーのブログでは限定タイアップキャンペーンを開催中!

以下のバナーからの新規口座開設で特典付きです。

LIGHT FX

上のバナーが表示されていない場合はこちら→LIGHT FX

LIGHT FX タイアップキャンペーン

その他限定タイアップキャンペーン一覧。

FX 限定タイアップキャンペーン一覧

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート4本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

みんなのFX(ハンガリーフォリント円スワップ投資他)

◆限定特典は計10,000円キャッシュバック上乗せ

◆ハンガリーフォリント円、チェココルナ円、ユーロズロチが取引可能

◆メキシコペソ円などのスワップポイントが高い

◆上場企業の傘下

◆シストレあり(みんなのシストレ)

松井証券(リピート系FX)

◆限定特典は管理人書き下ろし92Pの非売品レポート

◆限定特典は取引する前にもらえます(FX口座完了)

◆大手ネット証券・上場企業

◆最小取引単位は1通貨・100円からFX自動売買が可能

◆リピート系FXの中でもスプレッドがかなり狭い

-FXスワップポイント投資

© 2024 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ