リピート系FX検証

リピート系FX(ループイフダン) 豪ドルNZドルの両建ては儲かる?儲からない?検証

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

リピート系FXで人気急上昇中の通貨ペアが「豪ドルNZドル(AUDNZD)」。

では、その豪ドルNZドルで、為替が上昇しても下落しても決済注文が成立しやすい両建て」なら、儲かるのかどうか?について。

以下の動画をもとに、今回の記事を書いていきます。

ループイフダン初心者向け記事を「ループイフダン入門」カテゴリにまとめています。以下の青色のボタンから飛べます。

ループイフダン入門記事一覧はこちら

人気上昇のきっかけの理由はトラリピでの追加

 

豪ドルNZドルは、トライオートFXのコアレンジャーで注目を集め、その後アイネット証券のループイフダンでも通貨ペアの追加があり、玄人好みの通貨ペアとして人気が出ました。

そして、トラリピに満を持して豪ドルNZドルが追加され、マネースクエア社の公式HPでは「史上最強通貨ペア」の文字が踊りました。

鳴り物入り」とはまさしくこのようなことだと思いますが、とにかくFXブロガーさんも多く設定を公開しています。

私もその一人。

トラリピ 豪ドルNZドル 資金20万円 設定例
マネースクエア(トラリピ) タイアップキャンペーン

では、その豪ドルNZドルで、リピート系FXで両建てをしたら儲かるのか?について、私はデータを持っています。

スポンサーリンク

豪ドルNZドルの魅力は高低差が大きくない点

 

データをご覧いただく前に、豪ドルNZドルが人気の理由は?

豪ドルNZドルの魅力はなんと言っても、長期間で見ても安値と高値の高低差が大きくない点です。

マネースクエア社の公式ホームページが出典元ですが、2015年1月~2020年6月の5年半ぐらいの間の高低差は豪ドル円 3,827pips米ドル円 2,710pipsに対し、なんと豪ドルNZドルは1,435pipsです。

月足チャートで見ても、狭いレンジ内で動いていることがよくわかりますね。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

そして、対円通貨ペアではないので、フラッシュクラッシュが起きる(AIやヘッジファンドに狙われる)可能性が低そうな点も魅力的です。

スポンサーリンク

稼働中のループイフダンの豪ドルNZドルの両建て戦略

 

私が稼働しているのはアイネット証券・ループイフダンのデモ口座です。

アイネット証券・ループイフダンのデータを取ろうとすると、「ループイフダンランキング」という便利なものがあります。

ループイフダン ランキングとは?

ところが、この「ループイフダンランキング」ではスワップポイントは加味されていないので、スワップポイント込みでのデータを取ろうと思うと、リアル口座かデモ口座での運用しかありません

それを私は2年以上前から稼働していました。

デモ口座の資金は300万円ですが、実際に使った資金は約90万円(買い)+約90万円(売り)=約180万円です。

以下がその売買システムです。まずは買いの方。

通貨ペア・
売買方向・
値幅
豪ドルNZドル
B40×
2,000通貨
最大
ポジション数
(想定変動幅)
44
(約1,760pips分)
目安必要資金89万7,114円
(稼働当時)

次が売買システム・売りの方。

通貨ペア・
売買方向・
値幅
豪ドルNZドル
S40×
2,000通貨
最大
ポジション数
(想定変動幅)
44
(約1,760pips分)
目安必要資金89万7,114円
(稼働当時)

合計の数量は4,000通貨です。

アイネット証券・ループイフダンの豪ドルNZドルには4つの値幅設定があるのですが、その中でも2番目に狭い40を選びました。

スポンサーリンク

2年間強の検証結果

 

さて、それでは先ほどの二つの売買システム、資金は約180万円で計4,000通貨、2年間強稼働した結果はこうなりました。

証拠金約180万円
約2年間での
実現損益
+20万8,880円
含み損益-11万0856円

180万円の資金で約2年間運用して、21万円弱の確定損益で、含み損が-11万円ほど。

年利10%にはほど遠いパフォーマンスです。

どう感じられましたか?

以下が、直近の約定履歴(決済注文)の一部です。

2020年10月は、ループイフダンの設定値幅40とそんなに広いわけではない値幅設定を選んでいて、なおかつ両建てでも、約定回数はわずかに11回でした。

以下の記事で設定を公開していますが、私も豪ドルNZドルはループイフダンで選択している通貨ペアです。

ループイフダン ドルスイスなど4通貨ペアで再開 設定公開 2021年8月リライト

ですが、この通貨ペア一本でループイフダンなどのリピート系FX運用をしようとは私は思いません。

リピート系FXとは?魅力とコツ
リピート系FX(注文&自動売買) 比較

豪ドルNZドルという通貨ペアの(リピート系FXでの)存在は、野球でいうと、2番バッターのようなイメージですかね。

堅実で、先発メンバーには加えたい存在ではありますが、2番バッターのような特徴を持つ選手を1番~9番に並べたいとは思いません

なので、通貨ペア分散をする中の一つの通貨ペアとして活用したいです。

もう少し成績の荒い、5番バッターや3番バッターを組み込んだオーダーを組みたいからです。

以下が直近の私のループイフダン運用成績公開記事ですが、5カ月以上連続月利1%を達成しています。

5カ月連続月利1%超え ループイフダン 検証 2020年11月16日

また、今回公開しましたデータは両建てです。

が、両建てはスワップポイントの支払いが痛いという理由もあり、私は両建てはしない派です。

そのことについては、以下の非売品レポートや、過去の記事でも書きました。

ループイフダン 両建て 含み損

また、マネースクエア・トラリピの豪ドルNZドルの売り・買いスワップ00キャンペーンは2021年4月1日までのようなので、今から豪ドルNZドル運用を始められる方は、その先(キャンペーン終了後)も見据えた設定をされた方がいいかと思います。

当サイトとマネースクエア社の限定タイアップ特典はこちら→マネースクエア

 

ループイフダンタイアップキャンペーン

 

ということで、約2年間、ループイフダンのデモ口座で豪ドルNZドル運用をした結果と、私の感想は以上です。

ループイフダン設定例まとめ(ドルスイスやユーロ英ポンド・豪ドルNZドルなど4通貨ペア分散の私の実際の設定リンクも)はこちら。

スノーキー ループイフダン 設定例 まとめ

当ブログでは私のループイフダンの成績は不定期でこちらで公開しています。

ループイフダン」が利用できるアイネット証券と当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中!

以下のバナーからの新規口座開設で、当サイト限定特典付きです。

アイネット証券バナー

上のバナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

アイネット証券(ループイフダン) タイアップキャンペーン
リピート系FX(注文&自動売買) 比較

その他の限定タイアップキャンペーン一覧。

FX 限定タイアップキャンペーン一覧

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-リピート系FX検証

© 2021 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ