トラリピ検証

トラリピ 豪ドルNZドル 資金20万円 設定例

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

久しぶりのトラリピの設定例公開ブログ記事シリーズです。

今回は、2020年9月末よりトラリピで新たに追加されました豪ドルNZドルで「買い(ロング)」の仕掛けをする場合の設定例

当サイト限定特典を見る

※マネースクエアの公式ホームページへ飛びます

最後に非売品レポートがもらえるタイアップキャンペーンのお知らせがあります。

ループイフダンで豪ドルNZドル運用中

 

ちなみに私は今現在はループイフダンにて、豪ドルNZドルで運用をしています。

以下がこの記事公開時点でのループイフダン設定例まとめのリンクと、私の実際の設定のリンクです。

スノーキー ループイフダン 設定例 まとめ

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 当公式ブログでは私の保有サイト、リピート系FX人気NO.1のアイネット証券の「ループイフダン ...

ループイフダン 豪ドルNZドル ユーロ英ポンド ドルスイスなど4通貨ペアで再開 設定公開 2020年

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 株式投資を再開し、現物株をたくさん買ったため、一時的にFXの中長期ポジションを閉じていました ...

ループイフダンの豪ドルNZドル設定例は20万円の目安資金で過去に公開しました。

ループイフダン 豪ドルNZドル 20万円資金例

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 ループイフダンの初心者さん向け・設定例公開ブログ記事シリーズです。 私も450万円の資金で運 ...

スポンサーリンク

他社と比較してもトラリピの豪ドルNZドルのコストは割安

 

豪ドルNZドルを運用する際にトラリピを選ぶ理由としては、取引コストが割安であるという点です。

リピート系FX各社の豪ドルNZドルの取引コストを以下のシストレサイトの記事ですでに公開しました。

豪ドルNZドルに関しては「トラリピ」がスプレッドが狭く、取引コストが最も割安でした。

ループイフダンが6pipsなのに対し、トラリピは3.5pipsでした。

アイネット証券(ループイフダン) タイアップキャンペーン

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 私の保有サイトでは、多数の大手FX会社さんと限定タイアップキャンペーンを開催中です。 タイア ...

リピート系FXとは?

リピート系FXとは?魅力とコツ

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 私が2017年より、本格的に取り組んできたのが「リピート系FX」と呼ばれるジャンルのFXです ...

リピート系FX比較。

リピート系FX(注文&自動売買) 比較

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 私が2014年に運用をスタートし、2017年より約600万円の資金で運用してきたのが「リピー ...

スポンサーリンク

直近の豪ドルNZドルの値動き

 

それでは豪ドルNZドルの値動きを確認するために、月足チャートをご覧いただきましょう。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

豪ドルNZドルは、直近7年間の高値が1.15台、安値が0.999台と、1,500pips強の非常に狭いレンジでの値動きとなっています。

多くのトラリピユーザーが待ちわびていて、満を持してトラリピに追加された通貨ペアです。

スポンサーリンク

トラリピの豪ドルNZドル1クリックは資金が多く必要

 

トラリピなどのでは「トラリピ1クリック」という、マネースクエア社が公式に公開している設定があります。

口座があれば、1クリックでこの設定を再現できるのですが、資金がやや多く必要です。

買い」の方でストップロスなしにした場合の強制ロスカット水準を0.946ドルにした場合、50万円ぐらいからの資金が現実的です。

なので、この記事ではもっと少ない資金、トラリピの豪ドルNZドルの20万円の資金例を次の項で公開します。

*例を勧めているわけではありません。例はあくまでも参考程度にご覧ください

 

トラリピ豪ドルNZドルの設定例・20万円の資金例

 

それでは、トラリピの豪ドルNZドルの設定例・20万円版をご覧いただきます。

こちらのレポートでも書きました便利な機能の「トラリピ運用資産表」を使いました。

以下は、実際に稼働している数値などです。

通貨ペア豪ドルNZドル
売買方向買い
運用資金20万円
仕掛けるレンジ幅1.0NZドル~
1.1NZドルを
買いで指定
一本当たりの数量1,000通貨
(0.1万通貨)
レンジ内で
仕掛ける本数は?
25本
1回のリピートで
狙う利益は?
4NZドル
(本日の
為替レートで
約280円)
ストップロス
設定は?
なし
決済トレールは?なし

ストップロスなし・決済トレールなしです。

仕掛けたレンジ」はこの5年半で下に抜けたのは1度の「1,000pips値幅」の範囲です。

ちなみに、トラリピはレンジ指定型リピート系FXのため、買いの設定で上に抜ける分にはそれほど深刻ではありません。

レンジ指定型 リピート系FXとは?

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 現時点でリピート系FXは、色々な会社がサービスを提供しています。 取引コスト面以外での仕様面 ...

全ての注文が成立した場合は以下のようになります。

ポジションの平均価格1.04992NZドル
すべて成立時の維持率160.86%
強制ロスカットライン0.94376NZドル

ロスカットラインは、0.94376NZドルなので仕掛けたレンジから下に外れた」場合、「強制ロスカット」は近いです

指定したレンジを560pipsほど下抜けしたところが強制ロスカットラインの目安

それが少し不安だと思われる方もいらっしゃるでしょう。

これを例えば、設定は同じで資金を30万円に増やした場合は、以下のようになります。

ポジションの平均価格1.04992NZドル
すべて成立時の維持率303.69%
強制ロスカットライン0.88613NZドル

ポジション全て成立時の維持率は303%以上と高くなり、強制ロスカットラインも大きく引き下がりますが、そこまで保守的にする必要があるのか?はご自身の判断となります。

下のチャート画像の、下の赤色になっている部分が、今回の設定のレンジ指定をした範囲です。

こうやってみると、下よりも上に抜けることの方が多い設定ですね(*あくまでも過去の値動きの話ですが)。

先ほども書きましたが、買いの仕掛けの場合、トラリピは上に抜ける分には機会損失になるだけなので、下に抜ける方が怖いです。

ちなみに、今回の私が考えた仕掛けの年間に取れる値幅の期待値は5,000pips強です。

ただ、上記はあくまでも期待値であり、為替の値動き次第で大きく変わる可能性もありますので、参考程度にご覧ください。

pipsを円に換算すると、本日の為替レートの場合、期待値は3万5,000円ほどです。

資金が20万円で、期待値通りの利益になると、なかなか魅力的ではありますね。

次の項で限定特典のお知らせがあります。

 

トラリピ(マネースクエア)タイアップ

 

ということで、トラリピの豪ドルNZドルの設定例・買いの仕掛け・20万円の資金版は以上です。

トラリピ」が利用できるマネースクエアと当サイト限定タイアップキャンペーン中!

以下のバナーからの新規口座開設で、当サイト限定特典(他のサイトではもらえない非売品レポート)付きです。

マネースクエア

上のバナーが表示されていない場合はこちら→マネースクエア

マネースクエア(トラリピ) タイアップキャンペーン

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 スノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンの紹介記事です。 タイアップキャンペーンを開催中 ...

その他の限定タイアップ一覧。

FX 限定タイアップキャンペーン一覧

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 当サイトでは、主にFX会社さんを中心に「限定タイアップキャンペーン」を開催中です。 その比較 ...

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-トラリピ検証

© 2020 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ