ループイフダン入門

ループイフダン 暴落時に耐えるには損切りあり?なし?強制ロスカット体験談

2020年4月24日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

ループイフダン入門ブログ記事シリーズ。

当サイトやYouTubeでは、定期的にループイフダンの運用成績を公開しており、また設定例なども公開しています。

私のループイフダンの運用成績ブログ記事一覧はこちらです。

ループイフダンとは?簡単選択型FX自動売買

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 私が保有しているサイトで最も新規口座開設数が多いのがアイネット証券の提供する「ループイフダン ...

アイネット証券

当サイト限定特典を見る

※アイネット証券の公式ホームページへ飛びます

今回は、ループイフダンで暴落時に耐えるためには損切りはありがいいのか?なしがいいのか?私の強制ロスカット体験談についても書きます。

2020年4月3日より、タイアップ特典のレポートが追加になりました。投稿の最後の詳細をご覧ください。

スノーキーは過去は損切り「あり」派

 

私はループイフダン運用を2016年11月から始めましたが、スタート時から数年間は「損切りあり」派でした。

損切りなし」にあまり魅力を感じなかったので、(買いの売買システムの場合に)高値で持った買いポジションを損切りしてくれる「損切りあり」の方がいいかと思っていました

 

ループイフダン損切り「あり」の特徴・メリット

 

そのループイフダンの「損切りあり」の特徴を図でご覧いただきます。

上の図ではわかりやすいように「最大ポジション数」を「4」と少なくしています。

買いの売買システムの場合、買いポジションを「4」でキープしようとするのですが、本来であれば5つ目のポジションを持つ為替レートで、1つ目のポジションを損切りして、新たに下で買いポジションを持ち直します。

メリットとしては、上の図のような為替の値動きになった時に、揉み合いの場面でも利益を積み増してくれます。

とは言え、その揉み合いが、損切りした損失分を埋めてくれるかどうかはわかりません

 

ループイフダン損切り「なし」の特徴・メリット

 

次にループイフダンの「損切りなし」の特徴を図でご覧いただきます。

先ほどと違うのは最大ポジション数「4」をキープするのですが損切りなし」なので、スタート時の高値ポジションが基準点(買いの場合)です。

損切りあり」は高値ポジションの基準点が下に移動していましたよね。

メリットとしては「損切りをしない(強制ロスカットにならない限り)」で済むという点です。

デメリットは、上の図のように、最大ポジション数を持っている状態からさらに下落して想定変動幅を抜けた場合に揉み合いの場面を取りこぼします。

 

「損切りなし」で最大ポジション数を多くすればいい?

 

と、ここまでご覧いただいて「じゃあ、損切りなしで最大ポジション数を多く設定すればいいのではないか」と思われたかもしれません。

それはもちろんそうなのですが、最大ポジション数を多くすればするほど、必要証拠金は多く必要になります。

上と下では他は同じですが、最大ポジション数を「20」から「40」にしています。

必要目安資金が2倍以上も違いますよね。

また、最大ポジション数を多くすればするほど、資金効率が悪くなるのでリスク&リターンの問題も出てきます。

最大ポジション数を多くする→解決」という単純な話ではないのです。

 

「損切りあり」でフラッシュクラッシュで強制ロスカット

 

私の過去の失敗談をお話させてください。

2019年1月3日に発生した「フラッシュクラッシュ」と呼ばれる急激な円高で、私は強制ロスカットになってしまいました。

その時の体験談は以下のレポートで書きました。

私はそのフラッシュクラッシュ」の時に「損切りあり」で運用をしていたのですが、あまりの為替の下落のスピードで結局は強制ロスカットとなってしまったのです。

ここで私は損切りあり」にしていても、暴落・急落時だと強制ロスカットになってしまうということに気づきました。

 

「損切りなし」で狭いレンジを狙うやり方に変更

 

しばらくループイフダン運用を休みながら、色々と考えて答えが出たので、やり方を変えました。

思いついたのが「損切りなし」で狭いレンジを狙うやり方です。

上がそのイメージ図なのですが、10円などの狭いレンジを狙いにいき、さらに余剰資金を入れておく、と言うやり方です。

何度か当ブログ上、そしてYouTube上で、その考え方は公開しましたし、以下のレポートで詳しく書きました。

なので、この記事ではこの考え方・ロジックは割愛させてください。

欠点としては「レンジ抜け」と呼ばれる「想定変動幅(想定レンジ)」の外に出やすくなってしまう、ということがありますが、強制ロスカットになるよりも100倍マシです。

 

2020年3月の2回のショック安を耐えた

 

実際にこのやり方に変えたことと、通貨ペア分散をしたことも功を奏して、2020年3月に2回も発生した「フラッシュクラッシュ」に遭っても、強制ロスカットにならずに耐えきりました

損切りなし」にしたことだけが強制ロスカットを免れた要因ではありませんが、今の私は損切りなし」で余剰資金を入れて・・・というやり方にしてよかったと思っています。

損切りあり」だと、上のような急落の場面では設定次第ですが、いくつかのポジションは損切りになっていますからね。

ただ、「損切りあり」にするか「損切りなし」にするかは、皆さんの好みです。

私のやり方を押し付けるつもりはありません。

当ブログでは比較的初心者さん向けの記事はループイフダン入門」カテゴリにまとめています。以下の青色のボタンから飛べます。

ループイフダン入門記事一覧はこちら

次の項でタイアップキャンペーンのお知らせがあります

 

アイネット証券タイアップキャンペーン

 

ということで、ループイフダン 暴落時に耐えるには損切りあり?なし?強制ロスカット体験談については以上です。

ループイフダン運用成績は、不定期でこちらで公開しています。

アイネット証券と当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中!

以下のバナーからの新規口座開設で、当サイト限定特典付きです。

アイネット証券バナー

上のバナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

アイネット証券(ループイフダン) タイアップキャンペーン

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 私の保有サイトでは、多数の大手FX会社さんと限定タイアップキャンペーンを開催中です。 タイア ...

その他の限定タイアップ一覧。

FX 限定タイアップキャンペーン一覧

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 当サイトでは、主にFX会社さんを中心に「限定タイアップキャンペーン」を開催中です。 その比較 ...

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-ループイフダン入門

© 2020 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ