ループイフダン入門

ループイフダン ループ幅 値幅

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

ループイフダン入門ブログ記事シリーズ。

ループイフダンとは?簡単選択型FX自動売買

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 私が保有しているサイトで最も新規口座開設数が多いのがアイネット証券の提供する「ループイフダン ...

今回は初心者さん向けに「ループ幅・値幅」について。

当ブログでは比較的初心者さん向けの記事はループイフダン入門」カテゴリにまとめています。以下の青色のボタンから飛べます。

ループイフダン入門記事一覧はこちら

ループイフダンは、最大ポジション数の範囲内で注文のループをする

 

ループイフダンは、稼働時に設定した「最大ポジション数」の範囲内で注文を繰り返す(ループする)仕組みとなっています。

その「最大ポジション数」の範囲内で注文を繰り返すのでループイフダンはリピート系FX」「リピート系自動売買」などと呼ばれる自動売買の一種です。

取引を繰り返すイメージ図はこちらです。

ということで、「最大ポジション数」を多くすれば、より広い「」でとらえることができます。

より深く、詳細な仕組みを知りたい方は書籍をご購入された方が良いかもしれません。

その「」である想定変動幅」を構成するもう一つの要因が「ループ幅(設定値幅のこと)です。

 

ループイフダンのループ幅は決められており20通貨ペア

 

ループイフダン」の他社リピート系FXとの大きな違い・特徴は「選択型自動売買」つまり「選ぶだけのFXなのです。

ループイフダン」は下の画像の20通貨ペア・設定値幅(ループ幅)が用意されています。

ループイフダンはループ幅が固定されているのが特徴です。

値幅にこだわりたい方はトラリピなどが選択肢に入ってくるでしょう。

ループイフダン トラリピ 違い

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 リピート系FXの二つのサービスの比較や違いを検証していくシリーズです。 今回は私もリアル口座 ...

10」は10銭刻みに新規ポジションを持ち(最大ポジション数の範囲内で)、そこから10銭の値幅分上昇(Bの場合)したら、利益を確定します。

100」は100銭刻みに上で書いたことと同じことを行います。

つまり「10」と「100」だと新規ポジションを持つ頻度は10倍違い、利益を確定する頻度は10倍違います。

10」の方が、頻繁に利益をあげてくれるのですが、100」の方はなかなか決済注文が成立しませんが一回の利益は大きいです。

米ドル円だと「10銭」と「100銭」の違いということですからね。

それ×一つ前の項の「最大ポジション数」で、何円~何円の値幅でループイフダンがループ(新規注文→決済注文の繰り返し)をするのか?が決定されるのがループイフダンの仕組みです。

 

ループイフダンのループ幅は狭いのと広いものそれぞれの特徴は?

 

狭いループ幅の売買システムを選んだ場合、頻繁に利益をあげてくれますが、1回の利益が小さく、必要資金は多く必要です。

以下の二つの画像をご覧ください。

両方とも、想定変動幅を15円とした場合なのですが、最大ポジション数と必要目安資金の違いに注目してください。

まずは「100銭」の値幅だと、最大ポジション数を16」にすれば、15円の面・想定変動幅で取引(ループ)をすることができます。

ポジションが増えるスピードが穏やかなので、必要目安資金は20万3,200円と少ないです。

次に「10銭」の値幅だと、最大ポジション数を151」にしないと、15円の面・想定変動幅で取引(ループ)をすることができません。

ポジションが増えるスピードが10倍のスピードなので、必要目安資金は178万1,8000円と多いです。

ただ、狭いループ幅の方が利益は圧倒的に大きいです。

ということは、ループ幅が狭いものは資金が多く必要だけど、1回に得られる利益は小さいが、頻繁に利益を得られる(ことが多い)。

ループ幅が狭いものは資金が少なくて済むけど、頻繁に利益を得ることは難しく、1回に得られる利益は大きい(ことが多い)。

 

ループイフダンではループ幅が狭いものと広いもののどっちがいい?

 

では、ループイフダン」ではループ幅(設定値幅)が狭いものと広いもののどっちがいいのか

ここはもう「取れるリスクとリターンのバランス」そして「運用スタイル」「好み」になってくるのですが、この記事は「ループイフダン入門」カテゴリです。

ずばり個人的には初心者さんは、どの通貨ペアでも最も狭いものはおすすめしません

あと資金量が大きくない人(50万円以下)も最も狭いものは資金的に厳しいです。

一つ前の項でも、B10の目安資金は170万円を超えていましたよね。

ループ幅が狭いものを選んで、最大ポジション数を少なくすれば少ない資金でも運用は可能です。

が、想定変動幅(面)が狭くなってしまうので、想定の外に飛び出す可能性は高くなり、強制ロスカットに近くなってしまいます。

なので、初心者さんが、狭い値幅と広い値幅で悩んだ時は広い値幅を選んでおく方が無難です。

ループイフダン運用において、どういったループ幅を選ぶのか?は肝です。

悩んでいる方は私が公開している30万円前後での以下のループイフダン設定例まとめも参考にしてみてください。

スノーキー ループイフダン 設定例 まとめ

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 当公式ブログでは私の保有サイト、リピート系FX人気NO.1のアイネット証券の「ループイフダン ...

次の項でタイアップキャンペーンのお知らせがあります

 

アイネット証券タイアップキャンペーン

 

ということで、ループイフダン ループ幅 値幅の仕組みや考え方・選び方については以上です。

アイネット証券と当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中!

以下のバナーからの新規口座開設で、当サイト限定特典付きです。

アイネット証券バナー

上のバナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

アイネット証券(ループイフダン) タイアップキャンペーン

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 私の保有サイトでは、多数の大手FX会社さんと限定タイアップキャンペーンを開催中です。 タイア ...

その他の限定タイアップ一覧。

FX 限定タイアップキャンペーン一覧

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。 FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら。 当サイトでは、主にFX会社さんを中心に「限定タイアップキャンペーン」を開催中です。 その比較 ...

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-ループイフダン入門

© 2020 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ