リピート系FX比較

ループイフダン トラッキングトレード 違い

2019年5月26日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

リピート系FXの二つのサービスの比較や違いを検証していくシリーズです。

リピート系FXとは?魅力とコツ

今回は私もリアル口座・リアルマネーで運用中のループイフダンと、過去最大800万円以上の資金で運用していたトラッキングトレードの仕様の違いなどを比較してみたいと思います。

スノーキー ループイフダン 設定例 まとめ

FX比較サイトやポータルでは、運用をしたことがないライターが書いている場合がありますが、私はどちらも2年以上利用したことがあるので実体験に基づく記述です。

*ループイフダンは「アイネット証券」を前提に話を進めていきます

両者の共通点は「追尾型」リピート系FX

 

今回比較する「ループイフダン」と「トラッキングトレード」の共通点は、「追尾型」リピート系FXであること。

追尾型 リピート系FXとは?

トレンドを追いかけることはできますが指定したレンジ(○○円~○○円)でのみ稼働する」「(追尾時に)指定したレートで売買を一旦停止する」ということはできません

 

違いは手数料のあり・なし

 

ループイフダン」と「トラッキングトレード」の違いの一つ目は外付け手数料のあり・なしです。

ループイフダン」は手数料無料、「トラッキングトレード」は以下の手数料がかかります。

サービス名取引手数料
ループイフダン
(アイネット証券)
アイネット証券バナー
なし
トラッキングトレード
(FXブロードネット)
FXブロードネット
あり
(1,000通貨あたり
片道20円)

ただし、「トラッキングトレード」は継続的に片道手数料無料キャンペーンが開催されていますので、片道20円のみの手数料がかかる、という計算でいいと思います。

ポイント

トラッキングトレードは90日間は往復の手数料無料キャンペーン中。
その後は片道手数料無料キャンペーン中。
このキャンペーンは数年間継続されている。

 

スプレッド比較

 

2社に共通する12通貨ペアのスプレッドを比較した一覧表はこちらです。

ループイフダン
(アイネット証券)
トラッキングトレード
米ドル円2銭0.3銭
ユーロ円3銭0.5銭
英ポンド円5銭1.5銭
豪ドル円4銭0.6銭
NZドル円6銭1.3銭
カナダドル円5銭4.8銭
スイスフラン円4銭3.8銭
南アフリカランド円7銭16.4銭
ユーロドル2pip0.3pip
豪ドル米ドル4pip1.9pip
NZドル米ドル6pip2.7pip
豪ドルNZドル6pip7.1pip

ただし、これはスプレッドの比較をしただけなので、総取引コストで見ないといけません

 

取引コスト比較

 

トラッキングトレード」では、新規口座開設後、90日間は取引手数料無料のキャンペーンを開催中です。

その後は、継続して片道の取引手数料キャンペーンが開催中であることは前述しました。

なので、その片道のみ手数料が発生することを前提に算出してみました。

計算をわかりやすくするために、1万通貨取引時のスプレッド・1銭・1pipを100円とし、対円通貨ペア以外も、同様の計算式とします。

ということで、1万通貨取引時に発生する取引コスト(スプレッド+取引手数料)を比較一覧表にしてみました。

ループイフダン
(アイネット証券)
トラッキングトレード
米ドル円200円230円
ユーロ円300円250円
英ポンド円500円350円
豪ドル円400円260円
NZドル円600円330円
カナダドル円500円680円
スイスフラン円400円580円
南アフリカランド円700円1,840円
ユーロドル約200円約230円
豪ドル米ドル約400円約390円
NZドル米ドル約600円約470円
豪ドルNZドル約600円約910円

通貨ペアによって、有利な取引コストが異なる結果になりました。

ということは、仕様面」「取引コスト以外の面」での違いが使い分けの大きな理由になりそうです。

両者に口座を持って、通貨ペアによって使い分けるというのもありですが・・・。

 

スワップポイント比較

 

リピート系FX運用では、取引コストだけではなくてスワップポイント」も重要な項目です。

FX スワップポイントとは?

なぜなら、リピート系FX運用は数年間継続していく中長期投資を目的としている方が多いからです。

この後の表が、この記事公開日に調査しました1万通貨あたり(南アフリカランド円は10万通貨あたり)のスワップポイントです。

通貨ペアによって、買いポジション時に受け取りが発生するものと、売りポジション時に受け取りが発生するものがあります。

受け取りが発生する方のポジションで金額を記載して、カッコ内に「買い」か「売り」かを補足しています。

*スワップポイントは日々変動します南アフリカランド円は10万通貨あたり*2020年6月20日再調査

ループイフダン
(アイネット証券)
トラッキングトレード
米ドル円+6円
(買いポジ)
+3円
(買いポジ)
ユーロ円+6円
(売りポジ)
+2円
(売りポジ)
英ポンド円+4円
(買いポジ)
+4円
(買いポジ)
豪ドル円+3円
(買いポジ)
+1円
(買いポジ)
NZドル円+4円
(買いポジ)
+1円
(買いポジ)
カナダドル円+3円
(買いポジ)
+1円
(買いポジ)
スイスフラン円+15円
(売りポジ)
+1円
(売りポジ)
南アフリカランド円+60円
(買いポジ)
+30円
(買いポジ)
ユーロドル+5円
(売りポジ)
+10円
(売りポジ)
豪ドル米ドル±0円
(買いポジ)
+1円
(買いポジ)
NZドル米ドル±0円
(買いポジ)
+1円
(買いポジ)
豪ドルNZドル+2円
(買いポジ)
+1円
(買いポジ)

ループイフダン(アイネット証券)が有利な通貨ペアが多いですね。

アイネット証券

当サイト限定特典を見る

※アイネット証券の公式ホームページへ飛びます

 

損切り設定「あり」「なし」

 

コストに関しては一旦終了です。

再度仕様面に戻って、2つのリピート系FXの違いをお伝えします。

それは「損切り設定」の有無です。

損切り設定ありのみ」だと、逆指値注文が必ず出ます

損切り設定なし」が選択できると、逆指値を出さないようにできます

ループイフダン(アイネット証券)」は損切り設定の「あり」「なし」が選べますが、トラッキングトレード」では損切り設定「あり」のみしか現時点での仕様では選べません。

この違いは損切り設定「なし」を選びたい方にしか、意味のない点かもしれません。

が、損切りを極力したくない方にとっては、重要なポイントだと思います。

私は損切り設定「なし」派なので、この点は重視します。

 

値幅設定ができるかどうか

 

両者の仕様面の違い、最後は「値幅設定ができるかどうか」です。

両者ともに「20銭ごと」「40銭ごと」など、等間隔で注文が出ます。

ループイフダン」は、以下のようにあらかじめ用意された値幅の中で選ぶだけです。

以下の記事でも書きましたがループイフダン」は選択型システムトレードなのです。

ループイフダンとは?簡単選択型FX自動売買

一方の「トラッキングトレード」は値幅設定を自分でカスタマイズできます。*ランキングから選ぶだけの機能もあります

例えば、「30銭」や「45銭」など、ループイフダン」に欲しい値幅がない場合は「トラッキングトレード」の方が条件を満たしてくれるでしょう。

トラッキングトレードとは? メリット デメリット

 

まとめ

 

ここまでの情報をまとめていきますと、以下のようになります。

まとめ

  • 両者ともに「追尾型」リピート系FX
  • 「ループイフダン」は選ぶだけ、「トラッキングトレード」は値幅設定が可能
  • 総取引コストは通貨ペアによって有利・不利がある
  • 「ループイフダン」は外付け手数料がない点は有利
  • スワップポイントは「ループイフダン」が有利
  • 「ループイフダン」は損切り設定「あり」「なし」選択可能

いかがでしょうか。

最後に、当サイト限定特典の紹介がありますので、ご活用いただければ幸いです。

その他のサービスも含めて、もう一度比較したい方はこちらの記事をご覧ください。

リピート系FX(注文&自動売買) 比較

次の項で限定特典のお知らせがあります。

 

ループイフダンタイアップ

 

ループイフダンを提供するアイネット証券と当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中!

以下のバナーからの新規口座開設で、当サイト限定特典付きです。

アイネット証券バナー

上のバナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

アイネット証券(ループイフダン) タイアップキャンペーン
アイネット証券(ループイフダン) 評判

 

トラッキングトレードタイアップ

 

トラッキングトレード」が利用できるFXブロードネットと当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中!

以下のバナーからの新規口座開設で、当サイト限定特典付きです。

FXブロードネット

上のバナーが表示されていない場合はこちら→FXブロードネット

トラッキングトレード(FXブロードネット) タイアップキャンペーン
FXブロードネット 評判

その他の限定タイアップキャンペーン一覧。

FX 限定タイアップキャンペーン一覧

-リピート系FX比較

© 2021 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ