暗号資産(仮想通貨)買い方

トロン(TRX)を板取引(取引所) おすすめはBITPOINT?オーケーコイン・ジャパン?比較

2022年5月5日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

仮想通貨(暗号資産)の買い方・購入方法をお伝えする記事シリーズ。

今回の記事ではトロン(TRX)」が取引所(板取引)で購入できる国内の暗号資産交換業者を調査し、比較します。

記事内で出てきます2社は、私の個人的な紹介という形なら特典がついてきますので、そちらも是非活用してみてください。

私も利用中!1000円分のビットコインがもらえるチャンス!口座開設はこちらオーケーコイン・ジャパン

トロンは国内業者で板取引が出来るところを選ぼう

 

トロン(TRX)」は海外業者・無登録業者でも取り扱いがありますが、日本人なら日本の業者を使った方がリスクを抑えられます。

以下の記事で書いたように、海外業者・無登録業者を利用していると色々なリスクがあるということ。

Bybit(バイビット) Binance(バイナンス) 暗号資産 海外業者国内業者間への入出庫不可能に

また、仮想通貨(暗号資産)を買う際には販売所」と「取引所があります。以下の記事で書きました。

仮想通貨(暗号資産) 販売所 取引所 違い

販売所」を使っていると、スプレッドが10%往復分を支払ったりと、利益を大きく削られる可能性があるので取引所」で取り扱いがあれば、そちらを利用しましょう。

私は過去にコインチェックを使っていた時期があり、ばかばかしくなりました。

以下のエンジンコインを売却した時に調査したスプレッドも参考にしてみてください。

160万超の利益 エンジンコインを利益確定 2021年11月 コインチェックのスプレッドは?

スポンサーリンク

国内業者でトロンが買えるのはBITPOINTとOKコイン・ジャパン

 

日本で営業許可を取っていて「トロン(TRX)」を購入・取引ができるのはビットポイントジャパン(BITPOINT)オーケーコイン・ジャパンです。

しかも、どちらも取引所取引(板取引)で購入・売買が可能です。

ビットポイントジャパンはBITPOINTPRO」という取引所取引の方で確認が出来ました。

国内業者で取り扱い銘柄数が多いGMOコインでは取り扱いはありませんでした(*この記事公開時点の情報です)。

 

トロンを購入・BITPOINTとOKコイン・ジャパン手数料比較

 

トロン(TRX)」を購入する際に、先ほどのビットポイントジャパンと、オーケーコイン・ジャパンとどちらがいいのか?

まずは手数料比較から。

オーケーコイン・ジャパンの暗号資産の取引所で取引する際のコストは以下の表のようになっています。

直近30日間の取引量に応じて手数料が変動します。

一方のビットポイントジャパンはというと・・・手数料無料です。

調べた時に本当かな?と思い、公式ホームページを隅から隅まで探しましたし、Google検索で出てきたサイトも見ましたが、手数料無料でした。

こちらの公式ホームページにもしっかり記載されています→ビットポイントジャパン(BITPOINT)

ということで、トロン(TRX)」を購入する場合、取引手数料で比較するとビットポイントジャパンに軍配が上がりました。

スポンサーリンク

トロンを購入・BITPOINTとOKコイン・ジャパン注文方法比較

 

トロン(TRX)」を購入する際のビットポイントジャパンと、オーケーコイン・ジャパンのスペック比較、2番目は注文方法。

*それぞれ、取引所の注文方法です

オーケーコイン・ジャパンは成行注文・指値注文(&条件付き指値注文)の大きく分けて二つの注文方法が可能です。

オーケーコイン・ジャパンの取引所での発注画面が以下です。

一方のビットポイントジャパンは、成行注文・指値注文の他に、逆指値注文も実装されています。

変動の激しい仮想通貨(暗号資産)では逆指値注文があれば、リスク管理能力が高まります。

ということで、注文方法に関してもビットポイントジャパンに軍配が上がりました。

スポンサーリンク

BITPOINTとOKコイン・ジャパン取り扱い銘柄数比較

 

今回は「トロン(TRX)」を購入する、という前提で記事を書いていますが、その他の暗号資産を取引するかもしれませんので、取り扱い銘柄数を比較してみましょう。

以下がオーケーコイン・ジャパンの取り扱い銘柄です。

OKBが珍しいですが、現時点では9銘柄です。ここにPLT(パレットトークン)も追加されて、オーケーコイン・ジャパンは10銘柄になります。

オーケーコイン・ジャパン パレットトークン(PLT)上場 取引所・板取引可能

一方のビットポイントジャパンの取り扱い銘柄はこちら。

ビットポイントジャパンは現在すでに12銘柄で、近々ここにIOSTも追加され、13銘柄になります。

IOST ビットポイントジャパンで取扱開始 逆指値可 グリーンリスト入りで上場ラッシュの可能性

ということで、取り扱い暗号資産数でもビットポイントジャパンに軍配が上がる、という結果となりました。

ビットポイントジャパン(BITPOINT)の口座開設はこちらのボタンからどうぞ(紹介特典付き)。

ビットポイントジャパン口座開設

※ビットポイントジャパンの公式HPに飛びます

ビットポイントの口座開設申し込みから完了までどれくらいの時間がかかるか?はこちら。

ビットポイント(BITPOINT) 口座開設 スピードは速い? 何日かかる?

IOSTを保有していて、ステーキングサービスに出すなら、現時点ではオーケーコイン・ジャパンがおすすめです。

最大年率8.88% オーケーコイン・ジャパン IOST ステーキングサービス開始へ

1,000円分のビットコインがもらえるチャンス!IOSTが取引所で買えるオーケーコイン・ジャパンの新規口座開設は以下のボタンからどうぞ。

オーケーコイン・ジャパン口座開設

※オーケーコイン・ジャパンの公式HPに飛びます

トロン(TRX)」が取引所(板取引)で購入できる国内の暗号資産交換業者2社のスペック比較は以上です。

 

暗号資産関連人気記事リンク集

 

最後は当サイトで人気の仮想通貨(暗号資産)関連の人気記事のリンク集です。

私の保有している暗号資産・FXポジションなどはこちらでご確認いただけます。

スノーキー(小手川征也)のFX・暗号資産など中長期投資(不労所得)運用状況

私がガチホ銘柄にしているIOSTに目を付けた理由はこちらの記事で書きました。

仮想通貨(暗号資産) IOST(アイオーエスティー)を私が購入した8つの理由

IOST」関連の当サイト人気記事はこちら。

IOST 2022年3月4月 上昇なぜ?ジミー砲・将来性期待とコインチェックがナスダック上場
タイ・韓国でも人気 IOST 2022年3月の爆上げ 世界3位の暗号資産取引所 FTX上場が漏れていた?
IOST(アイオーエスティー) 朝倉未来(あさくらみくる)氏の利確ラインは60円か
RIZIN(ライジン)提供のスポーツNFTにIOSTブロックチェーン採用 エアドロップ発表も

私のガチホアルトコイン・もう一つ「LINK(LN)」の購入理由はこちら。

LINEの仮想通貨(暗号資産) LINK(リンク)(LN)を私が購入した理由

LINK(LN)」の直近の材料の記事はこちら。

LINE PayでLINEの仮想通貨(暗号資産)LINK(LN)での支払いが可能に 10%還元特典も

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート4本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-暗号資産(仮想通貨)買い方

© 2022 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ