IOSTニュースと将来性

IOST 2022年3月4月 上昇なぜ?ジミー砲・将来性期待とコインチェックがナスダック上場

2022年3月29日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

私が保有している仮想通貨(暗号資産)通貨の「IOST」。

1年ほど前から、けっこうな金額・数量を保有しております。

目を付けた理由はこちらの記事で書きました。

仮想通貨(暗号資産) IOST(アイオーエスティー)を私が購入した8つの理由

2022年3月に再度大きく上昇し、4月も続伸すると期待しているのですが、その理由・材料・ニュースについて。

私も利用中!1000円分のビットコインがもらえるチャンス!口座開設はこちらオーケーコイン・ジャパン

当サイトで公開したIOSTのニュース・材料こちら一覧にまとめています。

直近のIOSTの値動きをチャートで確認

 

この記事を書いている2022年3月に入ってからIOSTは大きく値を上げて、年初来高値を連日更新し、4円台まで値を戻しました。

昨年は2円を割り込んでいる時期もあったので、そこからは2倍以上になっているということですね。

チャート画像はコインチェックのものです。

本日はやや売りに押されているのですが、これはコインチェックユーザーによる利益確定売りが出ていることも理由として大きいでしょう。

上の画像を見てびっくりしたのですが、コインチェックではビットコイン、イーサリアムに次いで、売買ランキング3位にIOSTが入っているんですね。

*追記 この記事を公開した2日後にはコインチェックの売買ランキング1位、Twitterトレンド入り、前日比+50%を記録し、6円台乗せとなりました

理由はFTXへの上場が漏れていたからでしょうか。以下の記事は3日後に書いたものです。

タイ・韓国でも人気 IOST 2022年3月の爆上げ 世界3位の暗号資産取引所 FTX上場が漏れていた?

*追記 ここまで。

まだまだIOSTをコインチェックで取引している方が多いことに驚きました。

コインチェックよりもオーケーコイン・ジャパンの方が、板取引が出来るので取引コストをおさえられますし、利率の高い(最大8.88%)ステーキングサービスもありますよ。

こんな感じで、ステーキングで得たIOSTをまたステーキングに出して、どんどん増やせます。

最大年率8.88% オーケーコイン・ジャパン IOST ステーキングサービス開始へ

ステーキングサービスが利用できるオーケーコイン・ジャパンの口座開設はこちらからすぐに可能です→オーケーコイン・ジャパン

すでにコインチェックで買ってしまっていて、オーケーコイン・ジャパンへ送りたい方はこちらの動画をご覧ください。

スポンサーリンク

IOST上昇の理由・ビットコインなどが上昇している

 

IOSTの上昇の理由、その1。

しばらく下降トレンドが続いていましたビットコインがトレンド転換をし、上昇していること。

こちらも年初来高値を更新中です。

多くの仮想通貨(暗号資産)は、ビットコインの価格に引っ張られて値を上げたり、値を下げたりすることが多いです。

ビットコインに次ぐ取引シェアを誇るアルトコインの代表のイーサリアムも値を上げてきています。

こういった、環境がいい状態を「好地合い」「地合いが良い」と言います。

つまり、仮想通貨(暗号資産)全体の雰囲気の良さがIOSTの上昇を支援しているということ。

スポンサーリンク

IOST上昇の理由・保有率の高いコインチェックがナスダック上場予定

 

IOST上昇の理由を考察、その2。

当サイトに初めて訪れた方へ。

私は毎週末にその週の仮想通貨(暗号資産)・株・為替の材料振り返りをブログとYouTubeで公開しています。

先週末、こちらの記事でコインチェックがナスダック上場へ」というニュースを取り上げました。

2週連続ユーロ円と英ポンド円に強めの買いシグナル 今週のFX・株材料振り返り&さきよみLIONチャート検証 2022年3月26日

それもIOSTが上昇している理由・材料となっているかもしれません。

何が関係あるのか?

コインチェックがナスダック(海外の取引所)に上場することを足掛かりに、日本以外の国での展開も予想されます。

もしもコインチェックが海外法人という形で暗号資産交換業者の設立をし、営業を開始したら、IOSTを取り扱いする可能性もあります。

なぜなら、コインチェックのIOSTの保有率は40%を超えているからです。

会社の株式投資で言うと、コインチェックはIOSTの大株主のような存在なんですね。

おそらく平均取得単価は1円以下でしょう。

安値でたくさん保有した・しているので、海外でサービスを提供する際も取り扱い銘柄の中の一つにしたいはずです。

SBIVCトレードのリップルのように。

海外でもIOSTの取り扱いが増えることは、当然ながら認知度アップに繋がるので良いことです。

スポンサーリンク

IOST上昇の理由・IOST共同創設者兼CEOジミーのTwitterのツイート

 

IOST上昇の理由と、これから先も上がることを期待できる理由3つ目。

IOST共同創設者兼CEOの「Jimmy Zhong氏(ジミー氏)」の発言がSNSなどで注目されています。

Twitter上で彼が固定ツイートにしているのがこちらです。

英語で書いてあって、私も理解はできなかったので、翻訳にかけてみたのが、こちらの文章です。

4月が楽しみです。
一方、私たちはIOSTのためのいくつかの大きな発表とローンチイベント(新しい資金調達、クロスチェーンのインフラ、ステーキング)を用意しています。
詳細は今週から毎週発表される予定です。

具体的に何か?は近日中に発表されるまではわかりませんが、2022年4月以降に材料(IOSTにとってポジティブな内容)が矢継ぎ早に出てくる可能性もあります。

その後、4月20日のジミー砲はこちら。

クロスチェーントークスワップの第一弾が間もなく開始されます。
後で来るクールなプレイ・トゥ・アーンのものに参加できるように、今週のスワップに向けてIOSTを準備しましょう。

先回りして、今のうちにIOSTを仕込んでおこう、という方の買いが入っているでしょう。

Whale Alert(ホエールアラート)でも、大口のIOSTの買いが散見されていますからね。

ということで、ここまでが、2022年3月にIOSTが上昇している理由を考察した内容です。

1,000円分のビットコインがもらえるチャンス!IOSTが取引所で買えるオーケーコイン・ジャパンの新規口座開設は以下のボタンからどうぞ。

オーケーコイン・ジャパン口座開設

※オーケーコイン・ジャパンの公式HPに飛びます

こちらもIOST取扱開始・紹介特典付き・ビットポイントの新規口座開設は以下のボタンからどうぞ。

ビットポイントジャパン口座開設

※ビットポイントジャパンの公式HPに飛びます

当サイトで公開したIOSTのニュース・材料こちら一覧にまとめています。

仮想通貨(暗号資産) 販売所 取引所 違い

 

暗号資産関連人気記事リンク集

 

最後は当サイトで人気の仮想通貨(暗号資産)関連の人気記事のリンク集です。

私の保有している暗号資産・FXポジションなどはこちらでご確認いただけます。

スノーキー(小手川征也)のFX・暗号資産など中長期投資(不労所得)運用状況

IOST」関連の当サイト人気記事はこちら。

IOST(アイオーエスティー) 朝倉未来(あさくらみくる)氏の利確ラインは60円か
RIZIN(ライジン)提供のスポーツNFTにIOSTブロックチェーン採用 エアドロップ発表も

私のガチホアルトコイン・もう一つ「LINK(LN)」の購入理由はこちら。

LINEの仮想通貨(暗号資産) LINK(リンク)(LN)を私が購入した理由

LINK(LN)」の直近の材料の記事はこちら。

LINE PayでLINEの仮想通貨(暗号資産)LINK(LN)での支払いが可能に 10%還元特典も

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート4本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-IOSTニュースと将来性

© 2022 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ