暗号資産(仮想通貨)取引所・会社評判

Bybit(バイビット) Binance(バイナンス) 暗号資産 海外業者国内業者間への入出庫不可能に

2022年3月14日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

SNS上で話題になっていますが、すでに一部の国内暗号資産業者と、海外業者間での暗号資産の入出金(入出庫)が出来ない・不可能になっています。

私のメイン口座はこちら→オーケーコイン・ジャパン

仮想通貨(暗号資産)の国内業者と海外業者とは?

 

そもそもの話、仮想通貨(暗号資産)の国内業者と海外業者とは?

国内業者とは、日本の金融庁の認可を受けて営業をしている暗号資産交換業者のことです。

一方の海外業者は無登録業者とも呼ばれ、日本の金融庁の認可を受けずに日本人を相手に営業をしている暗号資産交換業者のことです。

有名どころが「Bybit(バイビット)」「Binance(バイナンス)」ですね。

何も知らずに使っている方もいらっしゃるかもしれませんが、金融庁のホームページで名指しで警告されています。

上の画像の引用元は金融庁ホームページです。

Binance(バイナンス)」に至っては、所在地は「不明」となっている点が恐ろしいです。

スポンサーリンク

Binance(バイナンス)などの海外業者・無登録業者締め出しは世界的な流れ

 

Binance(バイナンス)」の締め出しは、世界的な流れです。

バイナンスは日本以外の色々な国、例えば英国などからも締め出しを食らっています。

本拠地を持たず、個人情報の確認等を(国内業者と比較して)きちんと行っていないなど、リスクの高い業者として見られているからでしょう。

マネーロンダリングの温床となっている可能性もあり、世界各国が協調して、そういった怪しい暗号資産交換業者を追い出していこうという流れになっています。

ロシアの富裕層が、ビットコインなどに資産を交換していて、それに対する対応もバイナンスは甘い可能性もあるので、そういった点も排除される理由になりますね。

 

DMM Bitcoinは無登録業者への入出庫が出来ない

 

SNS上で、DMM Bitcoin海外業者・無登録業者へ入出庫出来ないことが話題となっています。

DMM Bitcoinから「Bybit(バイビット)」「Binance(バイナンス)」などへビットコインなど送る行為、またその逆でBybit(バイビット)」「Binance(バイナンス)」からDMM Bitcoinへ暗号資産を送る行為をしようとすると、その依頼を保留や取り消しになってしまうということです。

もちろん、自分のアドレス→自分のアドレスでもNGですよ。

これ(海外業者・無登録業者への入出庫出来ない旨)は、DMM Bitcoinの公式ホームページに2021年の6月1日付で掲載されていることであり、Twitter上ではビットコイン、イーサリアムなどを送ろうとしても送れなかったなどの報告を見つけました。

スポンサーリンク

コインチェック、ビットフライヤー、GMOコインも追随する可能性

 

ここでこう思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

DMM Bitcoinから、GMOコインなどの他の国内業者へ一回送って、そこから「Bybit(バイビット)」「Binance(バイナンス)」に送金するという方法

現時点ではそういった行為はできるかもしれません、海外業者・無登録業者締め出しの流れはますますきつくなっていくことは容易に想像できます。

ということは、DMM Bitcoinが現時点では自主的に行っていることが、コインチェック、ビットフライヤー、GMOコイン、ビットポイント、ビットバンク、オーケーコイン・ジャパンなどの他社に広がる、もしくは金融庁からのお達しが来て、全社そういう措置を取る可能性もあります。

確かに「Binance(バイナンス)」では草コインを漁ったりと、魅了的な面は多いでしょう。取引量も相変わらず世界一のようですし。

ですが、日本国内の暗号資産交換業者に送金・入出庫できなくなると、ものすごい不便なことになりますね。

なので、なるべく日本国内の暗号資産交換業者を使っておいた方が無難ですよ。

ちなみに、暗号資産を売買するなら、販売所」ではなく「取引所」がおすすめです。

仮想通貨(暗号資産) 販売所 取引所 違い

エンジンコイン・IOSTも板取引(取引所取引)が出来る私のメイン口座はこちら(1,000円分のビットコインがもらえます)オーケーコイン・ジャパン

私が保有しているIOST」を「オーケーコイン・ジャパン」のステーキングサービス(最大年率8.88%も)に申し込んだ様子はこちら。

オーケーコイン・ジャパン IOST ステーキングサービスに申し込みました! 2022年1月 60日定期は売り切れ

Bybit(バイビット)」「Binance(バイナンス)」について過去に当サイトで取り上げた記事はこちら。

コインチェックで付与されたシンボル(XYM)ステーキングはBybitよりGMOコインがおすすめ
仮想通貨 IOST コインチェック バイナンス どっちがいい?

 

暗号資産関連人気記事リンク集

 

最後は当サイトで人気の仮想通貨(暗号資産)関連の人気記事のリンク集です。

私も利用中!オーケーコイン・ジャパンの新規口座開設は以下のボタンからどうぞ。

オーケーコイン・ジャパン口座開設

※オーケーコイン・ジャパンの公式HPに飛びます

私がガチホ銘柄として大量に保有している「IOST」を購入した理由はこちらの記事で書きました。

仮想通貨(暗号資産) IOST(アイオーエスティー)を私が購入した8つの理由

その他の私の保有している暗号資産・FXポジションなどはこちらでご確認いただけます。

スノーキー(小手川征也)のFX・暗号資産など中長期投資(不労所得)運用状況

IOST」関連の当サイト人気記事はこちら。

IOST(アイオーエスティー) 朝倉未来(あさくらみくる)氏の利確ラインは60円か
IOST 2022年3月4月 上昇なぜ?ジミー砲・将来性期待とコインチェックがナスダック上場
RIZIN(ライジン)提供のスポーツNFTにIOSTブロックチェーン採用 エアドロップ発表も

私のガチホアルトコイン・もう一つ「LINK(LN)」の購入理由はこちら。

LINEの仮想通貨(暗号資産) LINK(リンク)(LN)を私が購入した理由

LINK(LN)」の直近の材料の記事はこちら。

LINE PayでLINEの仮想通貨(暗号資産)LINK(LN)での支払いが可能に 10%還元特典も

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート4本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-暗号資産(仮想通貨)取引所・会社評判

© 2022 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ