リピート系FX比較

トライオートFXの取引コストは割高なのかトラッキングトレードと比較

2019年5月17日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

リピート系FX2社比較記事シリーズです。

豪ドル円やNZドル円などのオセアニア通貨の取引コストが割安なFXブロードネット・「トラッキングトレード」とインヴァスト証券・「トライオートFX」の取引コストの比較です。

トラッキングトレードとは? メリット デメリット

前回は「ループイフダン」と「トライオートFX」の取引コストを比較しました。

トライオートFXの取引コストは割高なのかループイフダンと比較

共通通貨ペアのスプレッド比較

 

トライオートFX」「トラッキングトレード」の両サービスにある通貨ペアのスプレッド比較です。

通貨ペアインヴァスト証券・
トライオートFX
FXブロードネット・
トラッキングトレード
米ドル円0.3銭
原則固定
0.3銭
原則固定
ユーロ円0.5銭
原則固定
0.5銭
原則固定
英ポンド円1.0銭
原則固定
1.5銭
原則固定
豪ドル円0.6銭
原則固定
0.6銭
原則固定
NZドル円1.7銭
原則固定
1.3銭
原則固定
カナダドル円1.9銭
原則固定
4.8銭
原則固定
スイスフラン円2.0銭
原則固定
3.8銭
原則固定
南アフリカ
ランド円
1.8銭
原則固定
16.4銭
原則固定
ユーロドル0.3pip
原則固定
0.3pip
原則固定
英ポンドドル1.4pip
原則固定
2.6pip
原則固定
豪ドル米ドル1.4pip
原則固定
1.9pip
原則固定
豪ドルNZドル5.8pip
原則固定
7.1pip
原則固定
NZドル米ドル2.0pip
原則固定
2.7pip
原則固定
ユーロ英ポンド1.9pip
原則固定
2.9pip
原則固定
ユーロ豪ドル2.0pip
原則固定
6.8pip
原則固定
米ドルスイスフラン2.0pip
原則固定
2.8pip
原則固定

スプレッドだけの単純比較をすると、「トライオートFX」が有利な通貨ペアが多いように見えますが、取引手数料を加えた取引コストで比較しないと意味がありません

ポイント

リピート系FX会社を比較する際は取引手数料を加えた総取引コストが重要

 

両者の手数料体系

 

両者の取引手数料体系です。

まず、「トライオートFX」は以下のように取引手数料が発生します(*自動売買注文時)

多くの方が1,000通貨~9,000通貨までの1万通貨未満だと思いますので、一番上の「片道20円×2=往復40円」の取引手数料が発生します。

取引数量新規決済1,000通貨あたり
1万通貨未満2.0pips2.0pips往復40円
(対外貨は0.4外貨)
1万通貨以上
10万通貨未満
1.0pips1.0pips往復20円
(対外貨は0.2外貨)
10万通貨以上
50万通貨未満
0.5pips0.5pips往復10円
(対外貨は0.1外貨)
50万通貨以上無料

ポイント

・「トライオートFX」は手数料が数量に応じて変わる
・「トライオートFX」は手数料無料キャンペーンは無い

トラッキングトレード」では、手数料無料キャンペーンを開催中です。

ポイント

・「トラッキングトレード」は口座開設後90日間は手数料無料
・「トラッキングトレード」は90日間経過後は片道分手数料無料
・「トラッキングトレード」の90日間経過後のキャンペーンは数年間継続中

上のポイントで書いたように、トラッキングトレード」は以下のように手数料が変化します。

取引手数料新規決済1,000通貨あたり
口座開設後90日間
(キャンペーン中)
0円0円0円
90日間経過後20円0円20円
キャンペーン
終了後
20円20円40円

口座開設後90日間は手数料無料、口座開設後90日間経過後は片道分の手数料です。

再度ご確認ください。

ポイント

・「トラッキングトレード」は取引手数料往復無料・片道無料期間がある
・「トライオートFX」は取引手数料無料キャンペーンがない

トラッキングトレード」は以下の比較記事中、口座開設後90日間は取引コストが最安です。

リピート系FX(注文&自動売買) 比較

 

共通通貨ペアの取引コスト比較

 

先ほどのスプレッドに、取引手数料を足して算出されるのが「取引コストの総額です。

取引手数料往復40円(1万通貨あたりだと400円)は、スプレッドに換算すると4銭とほぼ同じ意味です。

スプレッド+取引手数料を合計した場合の1万通貨未満時の総取引コストは以下の表で、「トライオートFX」「トラッキングトレード」の両サービスにある通貨ペアの総取引コスト比較です。

まずは、トラッキングトレード」の90日間のキャンペーン期間中の取引コスト比較。

*1回の発注が1万通貨未満の取引時。かっこ内は1万通貨あたりの取引コストの総額。対円通貨ペア以外も計算をわかりやすくするために1ドル=100円で換算

通貨ペアインヴァスト証券・
トライオートFX
FXブロードネット・
トラッキングトレード
米ドル円430円30円
ユーロ円450円50円
英ポンド円500円150円
豪ドル円460円60円
NZドル円570円130円
カナダドル円490円480円
スイスフラン円600円380円
南アフリカ
ランド円
580円1640円
ユーロドル約430円約30円
英ポンドドル約540円約260円
豪ドル米ドル約540円約190円
豪ドルNZドル約980円約710円
NZドル米ドル約600円約270円
ユーロ英ポンド約590円約290円
ユーロ豪ドル約600円約680円
米ドルスイスフラン約600円約280円

先ほども書きましたトラッキングトレード」の90日間のキャンペーン期間中はコストがかなり安く、「トライオートFX」よりも有利な通貨ペアが多いです。

次に、トラッキングトレード」の90日間のキャンペーン終了後、片道手数料キャンペーン中の手数料比較

*1回の発注が1万通貨未満の取引時。かっこ内は1万通貨あたりの取引コストの総額。対円通貨ペア以外も計算をわかりやすくするために1ドル=100円で換算

通貨ペアインヴァスト証券・
トライオートFX
FXブロードネット・
トラッキングトレード
米ドル円430円230円
ユーロ円450円250円
英ポンド円500円350円
豪ドル円460円260円
NZドル円570円330円
カナダドル円490円680円
スイスフラン円600円580円
南アフリカ
ランド円
580円1840円
ユーロドル約430円約230円
英ポンドドル約540円約460円
豪ドル米ドル約540円約390円
豪ドルNZドル約980円約910円
NZドル米ドル約600円約470円
ユーロ英ポンド約590円約490円
ユーロ豪ドル約600円約880円
米ドルスイスフラン約600円約480円

両者で取引できる16通貨ペア中、13通貨ペアが「トラッキングトレード」の取引コストが安く3通貨ペアが「トライオートFX」の取引コストが安いという結果になりました。

トラッキングトレード」の圧勝ですね。

しかも、米ドル円、豪ドル円などの対円通貨ペアだと、ほとんどの場合「トラッキングトレード」が有利です。

当サイト限定特典を見る

※FXブロードネットの公式ホームページへ飛びます

 

補足説明

 

今回の比較では、多くの方が該当するであろう、1万通貨未満の取引時ということで算出しました。

もしも1回当たりの発注数量が1万通貨以上の方は、「トライオートFX」の方が有利な通貨ペアが増えます

ご自身の取引される通貨ペア、数量でどちらを利用するかをご判断ください。

次の項で限定特典のお知らせがあります。

 

最後に

 

今回は「取引コスト」で比較しましたので、「仕様面」はまたの機会に比較をしたいと思います。

個人的には、仕様面で「トライオートFX」を利用する理由は見当たりません。

ポイント

「トライオートFX」は使い勝手が良くない(管理人の個人的感想)

ということで、「リピート系FX」各社の比較記事をこれからも公開していく予定です。

トラッキングトレード」が利用できるFXブロードネットと当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中!

以下のバナーからの新規口座開設で、当サイト限定特典付きです。

FXブロードネット

上のバナーが表示されていない場合はこちら→FXブロードネット

トラッキングトレード(FXブロードネット) タイアップキャンペーン

その他の限定タイアップキャンペーン一覧。

FX 限定タイアップキャンペーン一覧

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-リピート系FX比較

© 2020 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ