*当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

LINK(LN)リンクニュースと将来性

STEPN(ステップン) LINE版第4レルム(realm)誕生か LINE Blockchainと提携

2022年8月17日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

こちらの記事に続く、私の仮想通貨(暗号資産)のガチホ銘柄の一つのLINK(LN)」の材料をお伝えするニュース記事です。

LINE PayでLINEの仮想通貨(暗号資産)フィンシア(FNSA)での支払いが可能に 10%還元特典も

LINK(LN)」をガチホ銘柄として選んだ理由は以下の過去記事でお伝えしました。

LINEの仮想通貨(暗号資産) フィンシア(FNSA)を私が購入した理由

STEPN(ステップン)がLINE Blockchainと提携

 

LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLINE Xenesis株式会社と、“歩いて稼ぐ”ゲームアプリ「STEPN」を運営するFind Satoshi Lab Limited (以下 「Find Satoshi」)と、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」上でのSTEPN開発に向け覚書を締結したことが、2022年8月9日に発表されました。

平たく書きますとLINE BlockchainとSTEPNが提携(に向けた覚書)ということですね。

スポンサーリンク

STEPN(ステップン) 第4レルムはLINE Blockchainか

 

前の項で書いたニュースは、先週に出たものなので、すでにいくつかの暗号資産ポータルサイトなどが伝えていました。

提携のニュースと同時に噂されているのは、STEPNの第4レルム(realm)は「LINE Blockchain」になるのでは?との見方が濃厚です。

私はSTEPNをやっていませんし、今のところやるつもりはないです。

なので、個人的に気になっているのは、今回の材料が保有している暗号資産の「LINK(LN)」の価格上昇に影響を与えるのでは?という点。

チャート画像はCoinMarketCapのものです。

直近1か月間の値動きを見てみても、直近1週間で急反発しています。

8月12日頃につけた高値をしっかりと上に抜けていくか?が気になります。

LINK(LN)」の時価総額は、CoinMarketCapのランキング223位と低く伸びしろもあるので、楽しみです。

LINK(LN)」の本日の価格は昨年につけた35,000円台の高値から5分の1ぐらいの価格という点も魅力的ですね。

LINK(LN)」が購入できる暗号資産業者については以下の記事で公開しました。

LINEの仮想通貨(暗号資産) フィンシア(FNSA)が買える暗号資産交換業者

LINE BITMAXの新規口座開設は以下のバナーからどうぞ。

LINE BITMAX

上のバナーが表示されていない方はこちら→LINE BITMAX

口座開設日数について書いた記事はこちら。

LINE BITMAX(ラインビットマックス) 口座開設日数

30万円程度の資金で始められるハンガリーフォリント円、チェココルナ円、メキシコペソ円スワップ投資の例などはこちらのまとめ記事でどうぞ。

FXスワップポイント投資 高金利通貨ペア 設定例 まとめ
FX 資金30万円 ハンガリーフォリント円 スワップポイント投資設定例 利回り期待値 強制ロスカットライン

Twitterのツイートで暗号資産が稼げるTwitFi(ツイートファイ)を始めました。関連記事はこちら。

TwitFi(ツイートファイ)の始め方記事一覧こちらからどうぞ

TwitFi(ツイートファイ)用のイーサリアムを買うのにおすすめ暗号資産取引所・業者
TwitFi(ツイートファイ)に必要 メタマスク登録方法
TwitFi(ツイートファイ) メタマスクとTwitterアカウント連携・接続方法

スポンサーリンク

当サイト仮想通貨(暗号資産)記事リンク集

 

ということで、「STEPN(ステップン) LINE版第4レルム(realm)誕生か LINE Blockchainと提携」という仮想通貨(暗号資産)のニュースに関しては以上です。

過去に当サイトで公開しました「LINK(LN)」に関するニュース・材料を伝える記事はこちら。

LINE発行の仮想通貨(暗号資産) フィンシア(FNSA)がNFTマーケットβで採用
NFTを活用したJリーグオフィシャルライセンスゲームで仮想通貨(暗号資産) フィンシア(FNSA)採用か
LINE系の仮想通貨(暗号資産) フィンシア(FNSA) 韓国のBithumb(ビットサム)に上場

過去に最大年利12%で私が「LINK(LN)」をレンディングサービスに申し込みをしていた理由・様子はこちら。

年利12% 仮想通貨(暗号資産) フィンシア(FNSA)をレンディング(貸出)申請をしました

私のもう一つのガチホ銘柄の「IOST」を購入した8つの理由・その他はこちら。

仮想通貨(暗号資産) IOST(アイオーエスティー)を私が購入した8つの理由

私がIOSTをステーキングに出してインカムゲインを得ているオーケーコイン・ジャパンの新規口座開設は以下のボタンからどうぞ(*私からの紹介特典付き)。

オーケーコイン・ジャパン口座開設

※オーケーコイン・ジャパンの公式HPに飛びます

オーケーコイン・ジャパンの紹介特典について書いた記事はこちら。

オーケーコイン・ジャパン(OKコイン・ジャパン) お友達紹介プログラム

IOSTをオーケーコイン・ジャパンのステーキングサービス(最大年率8.88%も)に申し込んだ様子、その他の記事はこちら。

オーケーコイン・ジャパン IOST ステーキングサービスに申し込みました! 2022年1月 60日定期は売り切れ
IOST(アイオーエスティー) 朝倉未来(あさくらみくる)氏の利確ラインは60円か

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート4本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

みんなのFX(ハンガリーフォリント円スワップ投資他)

◆限定特典は計10,000円キャッシュバック上乗せ

◆ハンガリーフォリント円、チェココルナ円、ユーロズロチが取引可能

◆メキシコペソ円などのスワップポイントが高い

◆上場企業の傘下

◆シストレあり(みんなのシストレ)

松井証券(リピート系FX)

◆限定特典は管理人書き下ろし92Pの非売品レポート

◆限定特典は取引する前にもらえます(FX口座完了)

◆大手ネット証券・上場企業

◆最小取引単位は1通貨・100円からFX自動売買が可能

◆リピート系FXの中でもスプレッドがかなり狭い

-LINK(LN)リンクニュースと将来性

© 2024 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ