*当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

リピート系FX初心者入門

トラリピデータがヒント 松井証券などリピート系FX おすすめ通貨ペア三選 NZドル米ドルも

2023年8月10日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

リピート系FXの初心者入門カテゴリの記事です。

マネースクエア公式ホームページのコンテンツを見て気づいた、トラリピや松井証券FX自動売買などのリピート系FXのおすすめ通貨ペア三選。

リピート系FXとは?魅力とコツ
リピート系FX(注文&自動売買) 比較

私が松井証券さんに取材に行ってきたときの様子の記事はこちら。

スノーキーが松井証券さんへ FX自動売買(リピート系FX)について取材に行ってきた!

直近のトラリピ・松井証券設定例公開記事

 

当ブログでは、直近、松井証券FXとトラリピの設定例記事を特集的にお送りしてきました。

その中でも、優先して設定例を公開してきたのが、三つの通貨ペア。

【改訂版】松井証券 FX自動売買 豪ドルNZドル ハーフ&ハーフ 約18万円設定例
年利期待値30% 松井証券 FX自動売買 ユーロ英ポンド ハーフ&ハーフ 約21万円資金 設定例
松井証券 FX自動売買 NZドル米ドル(NZD/USD) ハーフ&ハーフ 約25万円設定例
トラリピ 豪ドルNZドル(オージーキウイ) ハーフ&ハーフ 資金18万円 設定例 2023年
トラリピ ユーロ英ポンド ハーフ&ハーフ 資金21万円設定例 2023年
トラリピ NZドル米ドル ハーフ&ハーフ 30万円設定例 2023年08月

豪ドルNZドル、ユーロ英ポンド、NZドル米ドルです。

 

リピート系FXでおすすめ通貨ペアを選ぶポイント

 

トラリピやループイフダンなどのリピート系FXでおすすめ通貨ペアを選ぶポイントはいくつかありますが、今回は2つに絞ります。

利益が出やすいはどなたにとっても大事な項目でしょう。

二つ目の値動きが穏やか」は動いているレンジ(為替レートの上下の範囲)が狭いという意味です

値動きが小さい方の意味だと、リピート(新規注文→決済注文)しないのでダメです。

ということで、今回のデータはマネースクエアさんのホームページのユーロ英ポンドの特設ページから、二つのデータをお借りします(*2016年7月~2022年4月のデータ)。

 

高低差(レンジのせまさ)が優秀な通貨ペア三選

 

先ほどあげたポイントの順とは前後しますが、一つ目の「高低差」のデータを先にご覧いただきます。

この項目はリピート系FXをある程度やられている方ならご存じだと思いますがレンジ抜け」しにくい「一定の範囲内」で動いている通貨ペアが良いです。

これはもう単純に一定期間(今回なら2016年7月~2022年4月)の安値と高値の差です。

1,000pipsなら対円通貨ペアだと10円分の高低差。

1位はトラリピ1番人気の通貨ペアの「豪ドルNZドル」で1,295pips、2位は僅差で「ユーロ英ポンド」で、3位に「NZドル米ドル」がつけました。

スポンサーリンク

100pipsあたり総推移(リピートしやすさ)が優秀な通貨ペア三選

 

次のおすすめ通貨ペアを選ぶポイントは100pipsあたり総推移(リピートしやすさ)」が優秀な通貨ペアのランキングです。

総推移(そうすいい)」という言葉については、過去のループイフダン初心者記事で解説しました。

ループイフダン 総推移とは? 変動幅との違いは?

総推移」は、〇〇円から〇〇円までの為替レートの差ではなく細かい値動きを含めたその通貨ペアの値動きの総数をイメージしてください。

仮に100円から101円に上昇する場合。

一気に101円までいくのと、100.5円まで上昇後に100.1円に下落し、100.6円まで上昇し、100.2円まで下落して、といった感じでもみ合いながら101円に到達するのでは「総推移」は異なります。

100pipsあたり総推移」は総推移÷高低差」で算出し、トラリピ(リピート系FX)向きの通貨ペアを知るための指標

1位は「ユーロ英ポンド」、2位は「豪ドルNZドル」、3位に「英ポンド円」が入っていますが、高低差が大きいのでリピート系FXには不向き。

そしてさっき3位だった「NZドル米ドル」が4位につけました。

ということで、今回「高低差」「100pipsあたり総推移」の二つのポイントでおすすめ通貨ペアを選んだら、豪ドルNZドル」「ユーロ英ポンド」「NZドル米ドルとなりました。

 

リピート系FXでおすすめ通貨ペア三選・最後に

最後に。

  • 今回のデータは2016年7月~2022年4月のデータをもとに算出されています。
  • その前に公開されていた2016年7月~2020年末の
    データでは豪ドルNZドル、ユーロ英ポンドが1位2位。
    NZドル米ドルは高低差は上位だったが100pips総推移は圏外でした。
  • 今回の二つの指標以外にも為替レートの位置
    スワップポイントも通貨ペア選びでは重要
    (ループイフダンとトラリピのタイアップ特典のレポートで書きました)
  • もちろん「設定」次第でパフォーマンスが大きく変わります(リスク&リターンのバランス)
  • この記事が役に立ちましたら松井証券やマネースクエア(トラリピ)の口座開設はこの記事の最後に掲載しているバナーからお願いしますm(__)m

以上です。

当サイトで公開しました松井証券自動売買(リピート系FX)」の設定例まとめはこちら。

スノーキー 松井証券 FX自動売買(リピート系FX) 設定例 まとめ

トラリピの設定例まとめはこちら。

スノーキー トラリピ 設定例 まとめ

松井証券自動売買(リピート系FX)」の私のリアル口座の設定状況はこちら。

スノーキー 松井証券FX自動売買(リピート系FX) リアル口座 設定 2023年7月リライト

30万円程度の資金で始められるハンガリーフォリント円、チェココルナ円、メキシコペソ円スワップ投資の例などはこちらのまとめ記事でどうぞ。

FXスワップポイント投資 高金利通貨ペア 設定例 まとめ
FX 資金30万円 ハンガリーフォリント円 スワップ投資設定例 2023年7月版【スワップ+17円&+21.75円版】

今回の記事が役に立ちましたら、口座をまだお持ちでない方は、次の項のバナーから新規口座開設をお願いいたします。

 

リピート系FX口座開設はこちら

 

ということで、トラリピ(マネースクエア社)公開のデータがヒントとなりました「リピート系FX おすすめ通貨ペア三選 」は以上です。

トラリピの新規口座はこちらのバナー(タイアップ特典付)からどうぞ。

マネースクエア

上のバナーが表示されていない方はこちら→マネースクエア

松井証券の新規口座はこちらのバナー(タイアップ特典付)からどうぞ。

松井証券FX

上のバナーが表示されていない方はこちら→松井証券FX

松井証券限定タイアップキャンペーンの特典の詳細はこちら。

松井証券 FX タイアップキャンペーン スノーキーの自動売買レポート

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート4本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

みんなのFX(ハンガリーフォリント円スワップ投資他)

◆限定特典は計10,000円キャッシュバック上乗せ

◆ハンガリーフォリント円、チェココルナ円、ユーロズロチが取引可能

◆メキシコペソ円などのスワップポイントが高い

◆上場企業の傘下

◆シストレあり(みんなのシストレ)

松井証券(リピート系FX)

◆限定特典は管理人書き下ろし92Pの非売品レポート

◆限定特典は取引する前にもらえます(FX口座完了)

◆大手ネット証券・上場企業

◆最小取引単位は1通貨・100円からFX自動売買が可能

◆リピート系FXの中でもスプレッドがかなり狭い

-リピート系FX初心者入門

© 2024 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ