暗号資産(仮想通貨)ニュース

IOST イーサリアムキラーのポルカドット(DOT)と提携 仮想通貨(暗号資産)

2021年3月5日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

この記事時点では私が唯一保有している仮想通貨(暗号資産)の「IOST(アイオーエスティー)

以下の記事で、私がIOSTに夢を預けようと思った8つの理由を書きました。

仮想通貨(暗号資産) IOST(アイオーエスティー)を私が購入した8つの理由

前回の仮想通貨(暗号資産)ニュース記事では朝倉未来氏がIOSTがいくらまで上昇したら利確するのか?を推測した記事を以下で公開しました。

IOST(アイオーエスティー) 朝倉未来(あさくらみくる)氏の利確ラインは60円か

IOSTを取り扱いしている国内業者は今はこちらだけコインチェック

コインチェック口座開設はこちら

※コインチェックの公式ホームページへ飛びます

今回は、そのIOSTに関して材料・ニュースが出たのでお伝えします。

IOSTがポルカドット(DOT)と連携

 

本日の材料は「IOST」と「DOT(ポルカドット)」の連携のニュースです。

ソースはIOST公式Twitterアカウントのツイートです。

英語でちょっと何言ってるかわからなかったので、翻訳してみました。

IOSTは、@Polkadot(*ポルカドット)のクロスチェーンテストネットを成功裏に完了し、
現在はそのエコシステムへのクロスチェーン転送ブリッジを構築するための最終段階にあることを発表できることを嬉しく思います。
IOSTのクロスチェーンDeFi能力と全体的な成長を後押しする動き

翻訳機を使っているので、ちょっと文章がおかしくなってはいますが、「DOT(ポルカドット)」との連携のテストに成功した、最終段階にある、のような感じですかね。

今仮想通貨(暗号資産)界隈を賑わしているDeFi」というキーワードが入っている点も注目ですね。

*追記 後半に日本IOST協会さんの記事のリンクを後日追加しています。そちらをご覧いただくとイメージが湧きやすいです

スポンサーリンク

DOT(ポルカドット)ってすごいの?

 

DOT(ポルカドット)」については私も詳しくは知らなかったので調べてみたらイーサリアムキラーという肩書で呼ばれることが多いようです。

そのすごさがわかるのが時価総額です。

以下の画像をご覧ください。*以下、時価総額の2枚のキャプチャ画像はCoinMarketCapさんのものです

DOT(ポルカドット)」の時価総額はリップルより上の6位です。

一撃500万円の利益!1000万円分のリップル(XRP)を利益確定しました

ということは、DOT(ポルカドット)」はライトコインやビットコインキャッシュなどよりも時価総額は上ですね。

ライトコインとビットコインキャッシュ 1000万円分利確しました

DOT(ポルカドット)」と聞いてピンとこなかったのは、この記事投稿時点で日本の仮想通貨交換業者での取扱いがないからです。

仮想通貨 IOST コインチェック バイナンス どっちがいい?

*追記 2021年5月19日にGMOコインでポルカドットの取り扱いが開始しました

GMOコイン ガッキーショックの日にポルカドット(DOT)の取り扱い開始

スポンサーリンク

IOSTの本日の値動きと時価総額

 

ということで、材料が出てどう動いたのか?ですが、本日(2021年3月5日)時点でのIOSTの値動きを日足チャートで確認しておきましょう。

チャート画像はコインチェックのものです。

一時、5.6円台まで上昇したのですが、利益確定売りに押されていますね。

ただ、他のアルトコインが軟調な中、健闘している値動きですけどね。

これから、仮想通貨(暗号資産)を動かしているアメリカ人が起きだす時間帯に入るので、彼らからの買いが入ってくるのは日本時間の今日の深夜から、明日明後日の週末にかけてかもしれませんね(願望込み)。

なお、IOSTの時価総額のランキングは以下のようになっております。

昨日一昨日と爆上げした「エンジンコイン」や、コインチェックやビットフライヤー、GMOコインで取扱いのある「BAT」よりも下の79位です。

エンジンコイン大幅高 材料はGMOコインでの取扱いスタートではなく?

日本人からの注目度に関してはIOSTの方が上なので、ぜひ上の二つの仮想通貨(暗号資産)の時価総額は早く追い抜いて欲しいものです。

考え方によっては「伸びしろがある」とも取れますけどね(どこまでもポジティブシンキングで)。

ということで、本日記事執筆時点では爆上げとはなっていませんが、IOSTにとって好材料は着実に出ていることをお伝えしました。

*追記 日本IOST協会さんが今回の材料についてわかりやすく解説してくれています

◆日本IOST協会さんの解説記事への外部リンク
【解説】IOSTがPolkadotと接続する意味

ISOTを購入できるのは国内業者での取り扱いはコインチェックの販売所のみです。コインチェック一択です。

最短5分で完了・お申し込みはこちら→コインチェック

コインチェック

私のガチホアルトコイン・もう一つはこちら。

LINEの仮想通貨(暗号資産) LINK(リンク)が買える暗号資産交換業者

無登録業者のバイナンスを使う際の注意点はこちら。

仮想通貨 IOST コインチェック バイナンス どっちがいい?

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート3本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

JFX(スキャルピング)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆限定特典は非売品スキャルテンプレートも

◆テンプレートは口座開設完了でプレゼント

◆スキャルOKと公式HPに明記

◆一日の取引量の制限なし

セントラル短資FX(メキシコペソ円他)

◆限定特典は5,000円キャッシュバック

◆メキシコペソ円のスワップが安定

◆メキシコペソ円のスプレッドが狭い

◆FX業界でも歴史が長い老舗企業

-暗号資産(仮想通貨)ニュース

© 2021 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ