*当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

リピート系FX比較

米ドルカナダドル(USD/CAD)が取引できるリピート系FX比較

2020年6月24日

当サイト管理人のスノーキーこと小手川征也です。

FX会社比較はこちら。 人気のリピート系FX比較はこちら

リピート系FX」の通貨ペアごとのコストを比較するシリーズ記事です。

リピート系FXとは?魅力とコツ

今回は米ドルカナダドル(USD/CAD)が取引できるリピート系FXついて調査し、比較しました。

ざっくりとした取引コストは本日の為替レートを基準としています。*カナダ円が79円程度

*以下、米ドルカナダドル(USD/CAD)もしくは「ドルカナダ」と表記します

米ドルカナダドル(USD/CAD)の魅力は現在は高値圏

 

リピート系FXでの通貨ペア選びのコツとして重要な点が「レンジ相場で動いている」こと「これからもレンジ相場で動きそう」なこと。

さらに、現在の為替レートが「高値圏」あるいは「安値圏にあること。

次の月足チャートで米ドルカナダドル(USD/CAD)の値動きをご覧ください。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。テクニカル指標はこちらをMT4上に再現しています。

ここ5年間の値動きを見てみると、安値は1.20カナダドル、高値は1.47カナダドルと、2,700pipsほどのレンジで動いています。

これはけっして狭いとは言えないので、レンジ内の高値圏か安値圏で挑みたいところです。

また、この記事投稿時点では、ドルカナダは売りだとスワップポイントは±0円(アイネット証券の場合)の通貨ペアなので、売りで挑みたいところです。

そして、現在は高値圏で動いています

ドルカナダは対円通貨ペアではないので「フラッシュクラッシュ」のような瞬間的な暴落が来る可能性も低いです。

上のフラッシュクラッシュへの対応策を書いたレポートは当サイト限定タイアップ特典の非売品です。

 

トラリピでは米ドルカナダドル(USD/CAD)は取引可(後日追加)

 

それでは、各サービスを見ていきましょう。

取引手数料無料なので、ループイフダンと人気を2分するリピート系FXのトラリピですが、残念ながら米ドルカナダドル(USD/CAD)の取り扱いはありません

後日、トラリピでもドルカナダが追加されました!

トラリピとは?元祖リピート系FX

*追記 2023年8月公開、トラリピのドルカナダのハーフ&ハーフ、30万円資金例の記事はこちら

トラリピ ドルカナダ 売り ハーフ&ハーフ 30万円設定例

 

トライオートFXで米ドルカナダドル(USD/CAD)は取引不可

 

次にインヴァスト証券の「トライオートFX」でもドルカナダの取り扱いはありません。

トライオートFX トライオートETF どっちもおすすめしない

 

みんなのリピート注文でも米ドルカナダドル(USD/CAD)は取引不可

 

みんなのFXの「みんなのリピート注文」でもドルカナダの取り扱いはありません。

みんなのリピート注文とは?評価

 

トラッキングトレードで米ドルカナダドル(USD/CAD)が取引可

 

ここからは、ドルカナダが取引できるサービス。

まず一つ目。

FXブロードネットの「トラッキングトレード」なら米ドル/カナダドルが取引可能です。

トラッキングトレードとは? メリット デメリット

トラッキングトレード(FXブロードネット)」の米ドル/カナダドルのスプレッドは3.9pipsです。

ただし、「トラッキングトレード」では別途手数料がかかります。キャンペーン中で片道分20円がそのコスト。

FXブロードネット

ザックリとしたコストはスプレッド+手数料で往復51円弱

 

iサイクル2取引・サイクル2取引で米ドルカナダドル(USD/CAD)が取引可

 

次に「外為オンライン」社の「iサイクル2取引」「サイクル2取引」でも豪ドルNZドルのリピート系FXが可能です。

サイクル2取引 検証スタート 2019年4月25日

外為オンライン(iサイクル2取引&サイクル2取引)」社の豪ドルNZドルのスプレッドは6pipsです。

ただし、「iサイクル2取引」「サイクル2取引」では別途手数料がかかります。キャンペーン中で片道分20円がそのコスト。

ザックリとしたコストはスプレッド+手数料で往復67円ほど。

 

アイネット証券・ループイフダンでも米ドルカナダドル(USD/CAD)が取引可

 

そして、当サイト人気NO.1のアイネット証券・ループイフダンでもドルカナダが取引可能。

ループイフダンとは?簡単選択型FX自動売買

スプレッドは6pipsで、ループイフダンは手数料無料なので別途手数料などは発生しません

ざっくりとした取引コストは往復で47円ほど。

ループイフダンは前述の二つとは違い、選ぶだけのFXのリピート系FXです。

選ぶだけのFX比較

私もループイフダンで米ドルカナダドル運用の検討をしています。

私なら、40の値幅で運用をします。

ループイフダン・米ドルカナダドル(USD/CAD)の設定例はこちら。

ループイフダン USD/CAD(米ドル/カナダドル) 約30万円例 S40 S80 2020年6月

私の記事公開時点でのループイフダン設定はこちら。

スノーキーループイフダン設定 通貨ペア分散 2024年1月リライト

ループイフダン」が利用できるアイネット証券と当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中!

以下のバナーからの新規口座開設で、当サイト限定特典付きです。

アイネット証券バナー

上のバナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

アイネット証券(ループイフダン) タイアップキャンペーン
リピート系FX(注文&自動売買) 比較

マネースクエア(トラリピ)とのタイアップキャンペーンの詳細はこちら。

マネースクエア(トラリピ) タイアップキャンペーン 2022年特典追加 2023年改訂版

その他の限定タイアップキャンペーン一覧。

FX 限定タイアップキャンペーン一覧

当サイト限定タイアップ特典

アイネット証券(ループイフダン)

◆限定特典は非売品レポート4本

◆さらに限定特典はAmazonギフト券3,000円分も

◆カンタン「リピート系FX」

◆取引手数料無料

◆最少取引単位1,000通貨

みんなのFX(ハンガリーフォリント円スワップ投資他)

◆限定特典は計10,000円キャッシュバック上乗せ

◆ハンガリーフォリント円、チェココルナ円、ユーロズロチが取引可能

◆メキシコペソ円などのスワップポイントが高い

◆上場企業の傘下

◆シストレあり(みんなのシストレ)

松井証券(リピート系FX)

◆限定特典は管理人書き下ろし92Pの非売品レポート

◆限定特典は取引する前にもらえます(FX口座完了)

◆大手ネット証券・上場企業

◆最小取引単位は1通貨・100円からFX自動売買が可能

◆リピート系FXの中でもスプレッドがかなり狭い

-リピート系FX比較

© 2024 スノーキー公式初心者のためのFX比較検証ブログ